聴覚障害者や難聴の人たちに、身の回りで鳴る音をスマートウォッチに文字情報として教えるアプリの開発が進んでいます。それがワシントン大学で開発中の「SoundWatch」です。