<日本をはじめアジアの分布するオオスズメバチがアメリカで確認されて問題になっているが、はじめての駆除作戦が実施された...... > オオスズメバチは、日本をはじめ、東アジア、東南アジア、インドにわたって広く分布する世界最大のスズメバチだ。攻撃性が高く、毒性の強い多量の毒を持ち、毒針と強力な大顎で捕食対象を攻撃する。 米国では、2019年12月にワシントン州で初めてその生息が確認されて以来、ワシントン州農務省(WSDA)がその実態調査をすすめてきた。2020年7月にはカナダと接する同州ワットコム郡で初めてオオスズメバチが捕獲され、その後も同郡で数匹が捕獲されている。 無線タグを取り付けて放ち、無線タグを通じて巣の位置を追跡 ワシントン州農務省では、これまでにいずれのオオスズメバチもワットコム郡で捕獲されていることから、オオスズメバチの巣が同郡内にあると推定し、地域住民の協力のもと、数百カ所にワナを仕掛けた。ワナを仕掛けてオオスズメバチをおびき寄せ、捕獲して無線タグを取り付けたうえで解放し、無線タグを通じて巣の位置を追跡しようという作戦だ。 10月21日、オオスズメバチ2匹の捕獲に成功。ワシントン州農務省の公式ツイッターアカウントでは、無線タグを取り付けられたオオスズメバチがイチゴジャムを食べる様子が投稿されている。 Come on now, this is cute! An #AsianGiantHornet enjoyed some strawberry jam after being tagged yesterday. pic.twitter.com/1nQCL3oX1w— WA St Dept of Agr (@WSDAgov) October 23, 2020 その翌日の10月22日には、ワットコム郡ブレインの私有地にある樹洞でオオスズメバチの巣が見つかった。米国で初めてオオスズメバチの営巣が確認されたことになる。数十匹のオオスズメバチがこの巣を出入りする様子は、ワシントン州農務省の職員によって目撃されている。 ワシントン州農務省の昆虫学者らがこの巣の駆除を実施 10月24日、防護服に身を包んだワシントン州農務省の昆虫学者らがこの巣の駆除を実施した。まず、真空ホースを挿入するスペースだけを残して、高さ約10フィート(約3メートル)の巣の入口の隙間に気泡パッドを詰め込み、木をセロハンで包んだ。その後、外側から木を叩いて巣にいるオオスズメバチを起こし、巣から出てきた85匹のオオスズメバチを掃除機で吸引。さらに二酸化炭素を木の内部に送り込み、巣に残っているオオスズメバチを駆除した。一連の作業は早朝から約3時間半で完了した。 WSDA/REUTERS オオスズメバチは、米国では、ミツバチを捕食し、その個体数を激減させるおそれのある侵略性外来種だ。オオスズメバチがどのようにして米国に侵入したのか、米国内でどのくらい巣があるのか、どの地域まで分布が広がっているのかなど、まだ明らかになっていない点も少なくない。この数年内に駆除できなければ、米国で定着してしまうおそれがあることから、今後も実態調査や駆除作業が続けられる見込みだ。 ===== First eradication of an Asian giant hornet nest in the United States