<対中強硬姿勢のトランプ再選を望む台湾の人々に向けて、どちらが勝っても米台関係は揺るがないと強調> 台湾の蔡英文(ツァイ・インウェン)総統は5日、米大統領選の開票状況で民主党のジョー・バイデン候補が優勢となっていることを受けて、ドナルド・トランプ大統領の再選を望む台湾の人々に対して、事態を冷静に見守るよう呼び掛けた。 蔡総統はフェイスブックで、米大統領選に関する異例の声明を表明した。この中で、アメリカを「重要な同盟国」と位置付け、共和党と民主党のどちらの政権になっても蔡政権は緊密な関係を維持すると強調した。 アメリカの台湾への支持はすでに「党派を越えた主流となっている」と主張し、バイデンとトランプのどちらが次期大統領に選出されても協力関係を維持すると明言した。 蔡総統は2016年の就任以降、中国からの軍事的な圧力に直面しており、アメリカのトランプ政権からは特に強力な支援を受けている。トランプが就任した17年以降、アメリカは台湾に対してF-16ジェット戦闘機や対艦ミサイルなど武器売却の契約を10回に渡って結んでいる。 その結果、トランプ大統領は台湾の住民2300万人、特に若年層からは強い支持を得ている。 バイデン優勢の流れに動揺? 蔡総統や他の政府高官は、今回の米大統領選に関して一貫して中立の姿勢を示している。しかし与党・民進党の複数の立法委員(台湾の議会議員)が、ソーシャルメディアなどであからさまにトランプ支持を表明して批判を受けている。 米大統領選の開票速報では当初、トランプの優勢が伝えられたが、開票が進むにつれてバイデンの優勢へと傾いている。このため、蔡総統は台湾の住民に動揺が広がるのを避けようとしたようだ。 「アメリカは台湾の重要な同盟国であり、皆さんが大統領選に注目していることは分かっている」と、蔡総統は声明で述べた。 「台湾政府は大統領選の情勢を注視している。そして(中国との間の)台湾海峡の状況を注意深く監視し、台湾の平和と安定が維持できるよう、近隣諸国との間で緊密に連絡を取っている」と続けた。 ===== また、台湾の株価の安定を図ることで、安定した経済環境を維持することも約束した。 「台湾は米政府、上下両院、二大政党、さらにアメリカのシンクタンクや市民団体と常に緊密な関係を維持している」と、蔡総統は人々に呼び掛けた。 「大統領選の結果がどうなっても、こうした関係が変わることはない。既存の関係をベースに、台湾とアメリカの関係を今後さらに深めていく」 そして「最近でも、台湾への武器売却など多くの親台法案や決議案が上下両院で超党派の支持を得ている。選挙によって両院の議席に変化があっても、台湾への超党派の支持が減退することはない」と続けた。 さらにアメリカと台湾の関係を「共通の利益」と位置付け、アメリカの台湾への支持は「すでに米世論の主流」となっており、「(共和党と民主党の)両党の合意事項」だと信じていると述べた。 「こうした現状をベースに、米世論の台湾への支持をさらに強化する働き掛けを政府は続ける」