<トランプが自らの敗北の原因と主張する不正投票の証拠になるか> ミシガン州デトロイトで、9月〜10月に米大統領選挙の期日前投票の事務を行なっていた選挙スタッフが宣誓供述書を提出し、ほかの複数の選挙スタッフが有権者に、ジョー・バイデンに投票するよう指導しているところを「直に目撃した」と主張している。 この宣誓供述書は、共和党の広報担当者エリザベス・ハリントンがツイッターに投稿したものだ。宣誓供述書は、2020年米大統領選挙でデトロイトの選挙スタッフとして働いていたジェシー・ジェイコブのものだ。 投票先を指導していた? 宣誓供述書でジェイコブは、「私は、デトロイト市の職員と選挙スタッフが、投票に訪れた有権者に対して、ジョー・バイデンと民主党に投票するよう指示を出す様子を日常的に目撃した」と申し立てている。「選挙スタッフや職員が、民主党に票を入れるようあからさまに促しているところも見た」 ジェイコブはさらに、デトロイト市選挙本部で働いていたときに上司から、「(有権者に郵送する)不在者投票用紙は発送日だけを実際よりも早い日に変更」するよう指示を受けたと申し立てている。「上司はそこで働くすべてスタッフに、そのやり方に従うようはっきりと指示を出していた」 宣誓供述書によるとジェイコブは、9月の大半はデトロイト市選挙本部で働いていたが、10月に出張所に異動した。 ===== ジェイコブは出張所でも、上司から「期日前投票に来た人に対して、運転免許証や写真付き身分証明書の提示を求めないよう」指示を受けたと主張している。 ハリントンはほかにも複数の宣誓供述書書をツイッターでシェアし、ミシガン州で不正投票が行われていた「証拠」だと主張する。 こうした宣誓供述書は、ドナルド・トランプ大統領が、民主党は選挙を盗もうとしており不正投票に手を染めているという主張を繰り返すなかで登場した。その主張は、主要メディアが11月7日午前にジョー・バイデンの勝利は確実と報じた後も変わっていない。 投票のやり直しを ミシガン州では現在、州の選挙結果に対して2件の訴訟が起きている。民主主義や有権者の権利を訴える「DemocracyDocket.com」によると、1件は、ミシガン州の選挙で不正投票についての陰謀が複数あったとする訴訟で、投票のやり直しを求めている。 トランプ陣営も、同州での不在者投票の開票作業を中止するよう提訴した。 ミシガン州選出の共和党下院議員フレッド・アプトンは、地方テレビ局に送った声明でこう述べた。「締切までに到着したミシガン州の票はすべて、公正かつ正確にカウントされなければならない。不正があったというなら、証拠を提示してもらえれば捜査する」 「私の選挙区で働く職員からは、投開票で不正が行われたという報告は受けていない。民主主義にもとづいたプロセスとアメリカ国民の声は尊重されなければならない」とアプトンは述べている。 (翻訳:ガリレオ)