<敗北を認めないトランプ大統領の支持者と、選挙結果を認めるよう求めるグループが小競り合い> フロリダ州ペンサコーラで開かれたドナルド・トランプ大統領を支持する集会で、支持者の男性が反対派の女性の顔からマスクをはぎ取り、暴行罪の容疑が掛かっている。 この男性はペンサコーラがあるエスカンビア郡共和党の副会長、ダン・ディット(58歳)。 被害者は21歳の女性で、ディットが女性の顔からマスクをはぎ取った際に、顔をひっかかれたと主張している。警察に対して、暴行事件として告発したいと話している。 事件は、8日午後3時にペンサコーラ中心部で行われたトランプ大統領を支持する「選挙を盗むのはやめろ(Stop the Steal)」集会で起こった。 #DEVELOPING: Things turn ugly at a "Stop The Steal" Trump rally in Pensacola. A Trump supporter snatches a mask from a woman's face after she and another man attempted to convince the crowd to accept the results of the Presidential race. @RebekahCastorTV with more at 4,5,6&10-PM pic.twitter.com/l0nfwUXYaN— AlShowersWEAR-TV (@WEARTV_Showers) November 9, 2020 (ペンサコーラの集会を撮影した地元テレビ局の動画) その様子を撮影した地元テレビ局の動画には、大統領選の結果を尊重するべきと主張する、少人数のグループがうつっている。 そこにトランプの名前がプリントされたポロシャツを着た、ひげのある男性が近づき、被害者の女性につかみかかって顔からマスクをはぎ取っている。 男性はすぐに「アメリカを再び偉大に(Make America Great Again)」と書かれた帽子を被ったトランプ支持者の仲間に制止されて、押し戻されている。 この後、トランプ支持者と反対派のグループは激しい言い争いとなり、被害者の女性は男性が持っていたとみられるプラカードを破り捨てている。 敗北を認めないトランプ大統領 地元メディアが伝えた警察の捜査報告書によると、被害者の女性は「年配の白人男性が近づき、プラカードで押してきた。男性に対して、プラカードをどけるように言った」と話している。 さらに「男性がバックパックのひもをつかんで引っ張り、顔からマスクを取った」という。 3日に投票が行われた米大統領選では、民主党のジョー・バイデン候補が勝利宣言を行なった後も、トランプ大統領は選挙に不正があったと主張して敗北を認めていない。 事件が起きた8日、ペンサコーラ中心部には選挙結果に反発するトランプの支持者約100人が集まっていた。 ===== エスカンビア郡共和党のジョン・ロバーツ会長は、地元テレビ局WEARの取材に対してディットが支部の副会長だと認めた。しかし「コメントするには時期尚早で、捜査の進展を待つべきだ。共和党はいかなる暴力、対立にも反対だ」と語った。 8日の集会では、参加者が大統領選は「まだ終わっていない」と声を上げ、「選挙を盗むのはやめろ」というプラカードも掲げられていた。 集会を主催したトランプ選対の郡支部長ビル・フェトケは、WEARの取材に「次期大統領を決めるのはメディアではない。我々、人民だ」と語った。 また集会に参加したトランプ支持者の女性は、「ペンシルベニア、ミシガン、ネバダ、アリゾナで起きていることは間違っている。共和党とか民主党とかという問題ではなく、間違っている」と取材に答えていた。 ===== #DEVELOPING: Things turn ugly at a "Stop The Steal" Trump rally in Pensacola. A Trump supporter snatches a mask from a woman's face after she and another man attempted to convince the crowd to accept the results of the Presidential race. @RebekahCastorTV with more at 4,5,6&10-PM pic.twitter.com/l0nfwUXYaN— AlShowersWEAR-TV (@WEARTV_Showers) November 9, 2020 (ペンサコーラの集会を撮影した地元テレビ局の動画)