<今年は数々の新製品を発表したアップルだが、的中率9割の有名な情報筋によると、年内にまだサプライズがあるという> 米アップルはつい最近、独自チップ「アップルシリコン」搭載のMacやiPhoneシリーズ12、アップルウォッチの最新モデル「シリーズ6」と低価格モデルの「SE」を発表。だがある著名な情報筋によれば、サプライズはこれからだという。 @L0vetodreamとして知られるこの情報筋は11月14日、アップルから「クリスマスのサプライズ」があるだろうとツイッターに投稿。具体的にどのようなサプライズかは明かさなかったが、「冬限定」で「冬にぴったり」のものだというヒントを添えた。 さらに@L0vetodreamは別のツイートで、「『クリスマス・プレゼント』が具体的に何なのか、いつ発表されるのかには(あえて)触れない」とし、「これは単なるゲーム。一部の人が好きな『なぞなぞ』だよ」と付け加えた。「2020年はまだ終わっていないからね...」と、アップルが年末までにさらなる新製品や新サービスを発表する可能性を匂わせた。 的中率は88.9% アップルが既に数多くの新作ハードウェアやソフトウェアを発表していることを考えると、サプライズが何かはなかなか思いつかない。一部には、タイルのような形をした忘れ物追跡タグ「AirTags」や、高級ヘッドホン「AirPods Studio」ではないかと予想する声もある。 だがアップルの内部関係者は、クリスマスに向けた買い物シーズンにこれらのデバイスを発表するのは、同社にとって「賢明な判断ではない」と言う。 一部のツイッター・ユーザーは@L0vetodreamの投稿に対して、冬にぴったりのサプライズならば「アップル手袋(片手で199ドル)」ではないか、あるいは「アップルiHeater)ではないかとジョークを飛ばす。iPhoneやiPadなどのタッチスクリーンに使える「アップル・ミトン」かもしれないという投稿もあった。 全てがジョークと考えた方が賢明だろうか? それは違うかもしれない。情報サイトのAppleTrackによれば、@L0vetodreamはこれまでもアップルの新製品について正確な情報をリークしてきており、その的中率は88.9%を誇るという。つまり詳しい情報が示されていなくても、L0vetodreamの言葉には耳を傾ける価値があるのだ。