<コロナ禍で今、医療関係者への注目が高まっているが、そもそも医者になるとは、どういうことなのか。小児外科医として医師の道を歩み、ノンフィクション作家としても活躍する松永正訓氏が、初のエッセイを書き下ろした> 入学志願者数は2018年をピークに減少傾向に入ったとされるが、それでも依然として高い人気を誇るのが大学の医学部である。 新型コロナウイルスがもたらした不況で、就職に強い医学部を目指す子供が増えるのか、あるいは、院内感染のリスクや経営悪化を理由に敬遠する傾向が強まるのか。2020年はコロナ禍が向かい風となったようだが、今後数年の状況はまだ分からない。 ただ、人類の苦境にあって人命救助にあたる医療関係者の姿に憧れを持った子供も多いという。 小児外科医として医師の道を歩み、現在は小児科・小児外科クリニックを開業している松永正訓氏は、小学館ノンフィクション大賞受賞作家として『運命の子――トリソミー短命という定めの男の子を授かった家族の物語』(小学館)、『発達障害に生まれて――自閉症児と母の17年』(中央公論新社)など多数の著作がある。 医者になって、34年。自分は取り立てて優秀だったわけではない。平凡な文学青年だった。それでも、頑張れば、ちゃんと医者になれた。 いま改めて、「医者という仕事は悪くない」との思いを強くしているという松永氏が、初のエッセイを書き下ろした。未来の医療を担ってくれるかもしれない若い人たちや、その保護者に、自身の経験をシェアし、参考にしてもらえたら――。 『どんじり医』(CCCメディアハウス)は、笑いあり、涙あり。一人の医師の青春譚だ。その一部を2回にわたって抜粋する。 ◇ ◇ ◇ はじめに 小中学生のなりたい職業ランキングで、医者が上位に上がってきているらしい。これは、新型コロナウイルスの流行によって医療関係者にスポットが当たっているからだそうだ。ま、コロナウイルスの治療に当たるのはかなりしんどいが、医者という仕事は悪くない。ぼくは医師になって34年目だが、最近とくにそういう思いが強い。だから、小中学生が「ぼく、医者になりたい!」と言えば、応援したい。 ぼくは1987年(昭和62年)に千葉大学医学部を卒業して小児外科医になった。外科の世界というと、みなさんはどんなものを想像するだろうか? え、山崎豊子さんの『白い巨塔』? うん、それはかなり当たっている。『白い巨塔』は大阪大学がモデルだという説が強いが、実は千葉大学がモデルになっているという意見もある。第二外科の故・中山恒明先生は食道がんの世界的権威で、財前五郎のまさにモデルだったという噂がある。 ===== ぼくが所属した小児外科というところは、(詳しい経緯を省くと)第二外科に源流がある。軍隊のような厳しい上下関係や徒弟制度が小児外科にはあった。第二外科が本来の個性を失う一方、いい意味でも悪い意味でも第二外科らしさを最も受け継いだのが小児外科だと学内では言われていた。 働き方改革とか、パワハラという言葉がなかった時代だから、その勤務のしかたはメチャクチャなものだった。「ヒドイ巨塔」である。だけど、手術の技術が上達していくとか、保護者から感謝されるとか、いいこともあった。やりがいもあった。「面白い巨塔」である。 ぼくは働きすぎて体を壊し、開業医になって今に至っている。大して繁盛もしていないし、閑古鳥が鳴いているわけでもない平凡なクリニックだ。開業医になって3つの大きな変化があった。まず、教授に怒られなくなった(たぶん、これで10年以上は寿命が延びた)。そして毎日、酒が飲めるようになった(緊急手術で夜間に呼び出されないため)。最後に、自分の時間を持つことができた。 人生の中で自分の時間を持つというのはすばらしいことである。ぼくはその時間を本を書くことに費やした。数えてみればこれまで10冊を超える本を書いていた。それならここらあたりで、自分の若かった頃を振り返ってもいいのではないかとぼくは考えた。医者ってどういうことを体験して一人前になっていくのか、自分の経験を整理して語ってみようと思い立ったのだ。そういうわけで本書はぼくの青春記である。 あ、それから医師を目指している小中学生の諸君! 今の医療制度では、医学部を卒業した研修医は大切なお客様としてものすご〜く大事に扱われるから心配しないように。勤務は9時→5時。お給料もガッチリ出る。 高校を卒業した時点で医学知識がゼロの若者が、人の体にメスを入れたり、命に関わるようになるまでの成長の物語に興味のある方に、ぜひとも読んでいただきたい。 抜粋第2回:医学部で人生初の解剖、人体が教科書通りでないことにほっとした気持ちになった 『どんじり医』 松永正訓 著 CCCメディアハウス (※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)