<真意を疑われても仕方のない経歴と問題行動、そしてアメリカで見つけた「同志」とは──。本誌「アメリカ大統領選 中国工作秘録」特集より> アメリカで中国共産党幹部の腐敗を暴くと息巻く元政商の郭文貴(クオ・ウエンコイ)。その郭が9月、中国を逃れてきた反体制派や、彼らを支援する在米活動家を「共産党のスパイ」だとするリストを発表した。「裏切り者を抹殺しよう」と、郭はオンライン動画で葉巻を片手に訴えた。「始めよう。まずはこの売国奴たちを始末しよう」 その数日後、テキサス州ミッドランドにあるボブ・フーの自宅前に、どこからともなく人が集まってきて、フーを批判するようになった。フーはキリスト教福音派の牧師で、中国を逃れてきたキリスト教徒を支援する人権団体「チャイナエイド」の創設者であり、中国系コミュニティーでは敬意を集める存在だ。 フーの家の前に集まった人々は、自分の素性も、どこから来たかも言わない。ただ、郭の呼び掛けに応じて来たことだけは明らかにした。この動向にはFBIも注視し、マルコ・ルビオ上院議員やテッド・クルーズ上院議員ら共和党の有力議員も批判の声を上げた。その一方で、郭の狙いは何なのか考えあぐねる声が上がっている。 「これは潤沢な資金と的確な指揮に基づき、きちんと連携が図られた高度な中傷活動だ」と、フーは語る。地元当局によって家族と一緒に保護されたフーは、郭の背後には中国共産党がいるに違いないと主張する。「郭文貴はロビン・フッド気取りで、傭兵を組織し、世直しをしているつもりになっている」 中国反体制派の間で、「実はあいつは党の回し者だ」という告発は珍しくない。中国共産党は一党独裁を脅かすとみられる組織をつぶすために、その組織の内部に浸透することに相当な時間と資金とエネルギーを費やしてきたから、当事者たちが疑心暗鬼に駆られるのは無理もない。 それに郭は、その真意を疑われても仕方のない経歴の持ち主だ。中国時代の郭は、党幹部とのパイプを駆使して不動産業で巨万の富を築いた。ところが2015年に庇護者だった馬建(マー・チエン)国家安全省次官(当時)が失脚すると、自らの危険を察してアメリカに移住。以来、中国共産党の腐敗を暴く正義の味方というイメージづくりに励んできた。 「本気で私を脅すつもりだ」 そのアメリカで郭が見つけた「同志」が、ドナルド・トランプ米大統領の元側近スティーブ・バノンだ。2人は、新中国連邦なる「在外政府」の樹立を宣言したほか、GTVメディアグループを立ち上げて、新型コロナウイルスに関する偽情報や、民主党の大統領候補ジョー・バイデンの息子ハンターについての陰謀論をまき散らしている(バノンは8月に詐欺容疑で逮捕されたとき、郭のヨットで豪遊していた)。 ===== GTV傘下メディアは、郭がフーのような在米活動家を中傷する目的でも利用されてきた。オンラインメディアのGニュースに掲載された「ボブ・フーはフェイク牧師」という記事は、フーによる人身売買やセクハラ疑惑(証拠は示されていない)や、フーの妻が所有するワイナリーの酷評を延々と書き立てている。 あまりにもばかばかしいとフーはその内容を一笑に付すが、この記事が出たこと自体には危機感を覚えたという。「こいつは本気で私の家族を脅すつもりだと初めて思った」 萎縮する在米活動家たち フーの自宅前で起こった「抗議デモ」は、敷地内への不法侵入と見なされる行為が1件あった以外は平和的で、郭自身も暴力は許さないと明言してきた。 だが、アメリカの非営利組織、共産主義犠牲者記念財団のエイドリアン・ゼンツ上級研究員は、断定を避けつつも、最近の郭の行動は中国共産党の「影響工作のように見える」と語った。「(ターゲットの)自宅前に人々を送り込むなんて、共産党の圧力戦術のようだ。これでは郭文貴は何者なのかという疑問を抱かざるを得ない。共産党のスパイなのか?」 2018年に郭の関連会社の仕事を請け負ったコンサルティング会社ストラテジック・ビジョンは、郭のことを「反体制活動家ハンターだ」と裁判書類で明言している。同社は、郭から在米の中国反体制活動家のリストを渡され、共産党最高幹部と関係があるとして調査を依頼されたという。 フーの自宅前の「抗議デモ」は、テキサスの田舎町でちょっとした騒動になった。9月26日にちらほら現れ始めた郭の支持者は、10月5日には50人ほどに達した。このためフーの家族は、市警の護衛を受けて安全な場所へ移されたが、その後も郭の支持者たちは近隣住民を戸別訪問して、フーとチャイナエイドを非難するビラを配って歩いた。 この騒動を受け、パトリック・ペイトン市長は「ミッドランドの住民は、市民を脅す人々とは仲良くなれない」と苦言を呈した。すると郭は激怒して、「こいつに代償を払わせなければならない」と、新たに支持者に呼び掛けた。 郭のターゲットになったのは、フーだけではない。南カリフォルニアに住む中国民主活動家の呉建民(ウー・チエンミン)の自宅にも、9月23日から10月6日までの2週間に、郭の支持者が4回やって来た。「うちの前の道路の縁石に座って、口汚い侮辱の言葉を叫び、それをツイッターで生中継していた」と、呉は言う。 ===== フーと同じように、呉もそれまで郭とは何のつながりもなかったという。ただ、呉が中国共産党を批判するYouTubeチャンネルはかなり人気があり、党当局はそのことに「とてもいら立っている」という。「私を黙らせたいのは、中国共産党とその工作員だけだ」 郭が、在米の中国反体制活動家たちをおとしめようとするのには、別の理由があるのかもしれない。郭自身アメリカで「中国共産党の闇を暴く」ための活動資金を集める上で、彼らが邪魔だと考えている可能性もある。 理由はどうあれ、郭の活動は既に、在米活動家たちを萎縮させている。フーの支援でアメリカに来た中国人キリスト教徒には、郭の支持者から接触を受けた人もいるという。こうした脅しを受け、チャイナエイドは事務所を閉鎖した。長年その代表を務めるフーはため息をつく。「連中の目的は私を黙らせることだ」 From Foreign Policy Magazine <2020年11月10日号「アメリカ大統領選 中国工作秘録」特集より>