産業革命後のロンドンは人があふれ、死者もあふれていたといいます。そこで郊外に大型墓地が造られ、専用の鉄道が敷設されました。