<毎日歌えば免疫力を高めて認知症を予防するだけでなく、のどを鍛えることで誤嚥性肺炎の予防にもなる> 冬の訪れとともに、新型コロナウイルスの感染が再拡大している。特にリスクが高い高齢者は、外出を控えている人も多いだろう。仕方がないとはいえ、そんな生活ではストレスがたまる。また、家に閉じこもっていては健康面でも心配だ。 制約が多い生活の中で高齢者の健康を維持するために、新刊『脳も体も活性化‼ 1日3分 歌トレ』(山本健司著、CCCメディアハウス刊)の著者で、米寿のバリトン歌手の山本健二氏が提案するのが歌を歌うことだ。山本氏によると、1日3分歌うだけで、健康に良い効果があるという。 そうは言っても新型コロナウイルスが蔓延している今、みんなで集まって歌を楽しむのは難しい。しかし、山本氏がすすめる「歌唱テイクアウト」なら安心だ。本書を活用すれば、自宅で1人でも歌トレーニングが可能だ。誰でも知っている懐かしい童謡や唱歌など41曲が掲載され、付属のCDで山本氏と一緒に歌うこともできる。歌い方のポイントやその曲の背景なども紹介されているので、その歌に込められた思いやコツを意識しながら歌ってみたい。 なぜ歌は健康にいいのか? 本書の推薦者で、アンチエイジングの第一人者としてテレビや雑誌などで活躍している白澤卓二医師は、「歌うことは確実に健康につながる」と言う。 まず、大脳皮質の聴覚、認知、運動機能、感情機能の関与する部分が刺激され、加齢によるさまざまな衰えを予防できる。大きな声で歌うためには、腹式呼吸が必要だ。お腹いっぱいに息をため、それをゆっくり吐き出す。これを繰り返すことで、衰えていた肺機能が回復していく。また、大きな声で歌い、のどの筋肉を鍛えることは、高齢者に多い誤嚥性肺炎の予防にもつながるとされている。 歌うことは、ストレス解消にもなる。懐かしいメロディーに親しめば、その頃を思い出す「回想体験」になり、脳が刺激される。その結果、脳内ホルモンがバランスよく分泌され、同時に免疫力がアップ。さまざまな感染症に立ち向かう心身状態を保つことができるようになると白澤医師は言う。 「どんぐりころころ」のその後とは? 誰もが知っている歌に、「どんぐりころころ」がある。あらためてその歌詞を見てみよう。 「どんぐりころころ」 一、 どんぐりコロコロ ドンブリコ お池にはまって さあ大変 どじょうが出て来て 今日は 坊ちゃん一緒に 遊びましょう 二、 どんぐりころころ よろこんで しばらく一緒に 遊んだが やっぱりお山が 恋しいと 泣いてはどじょうを 困らせた どんぐりもどじょうも、なんだかかわいそうになってしまう歌詞だ。しかし、山本氏によると、これには理由があるという。作詞をした青木存義氏が「子供達が自分で考えるように」と、あえて三番以降の歌詞をつくらなかったとされている。そこで、山本氏もオリジナルの三番を次のように考えた。 ===== どんぐりころころ 泣いてたら カラスの坊やが コンニチハ 一緒にお山のふるさとへ 仲良く帰っていきました(9ページ) この後、山に戻ったどんぐりは、芽を出して立派な木になる。やがて、その子・孫・曾孫のどんぐりが転がって、お池にはまり、子・孫・曾孫のどじょうといっしょに遊ぶことを想像しているという。 さて、皆さんはどんな歌詞を考えるだろうか? 自分で考えたオリジナルの三番をつくって、歌ってみるのも楽しそうだ。 シルバー世代の「歌唱三原則」 本書では、「どんぐりころころ」のような短い曲からステップアップし、最終的には演奏時間4分33秒の「荒城の月」にたどり着く。山本氏は、シルバー世代の「歌唱三原則」を次のように言っている。 一、意識して息を吸う(無理はしない) 二、意識して唇をしっかり動かす(言葉をはっきり) 三、ひと息で長く歌うよう心がける(94ページ) 無理は禁物で、あくまでも自然体で歌うことが大切だという。 白澤医師によると、歌うことで日頃の運動不足を解消し、ダイエットに繋がる可能性もあるという。毎日10~20分間ほど立って身振り手振りをつけ、腹式呼吸をしながらお腹の底から声を出して体全体で歌うことで、ストレッチや筋力アップの効果が期待できる。 新型コロナウイルスの収束の見通しは立っていない。そもそも、冬はどうしても外出が億劫になりがちだ。外出を控えていてもできる、運動不足やストレスの解消に「歌トレ」を試してみてはどうだろうか。 『脳も体も活性化‼ 1日3分 歌トレ』 山本健二 著 CCCメディアハウス (※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)