先進的な半導体プロセス技術の採用でも他社に先んじるApple(アップル)ですが、2021年には5nm+、そして2022年には4nmプロセスに踏み切るかもしれません。