<香港の状況は絶望的に悪化している。11月23日には民主活動家の周庭(アグネス・チョウ)らが収監された。香港人は今、何を思い、どう反抗しているのか。16人の本音と素顔を伝える(2)> 勇武派の抗議者 Edward(20) 2014年の雨傘運動の時、まだ中学2年生だった。その年の9月、香港警察が近年の民主化デモでは初めて催涙ガスを使用した日に先輩と現場で催涙ガスを浴び、そこから社会運動への関心が芽生えた。 5年後の2019年、平和なデモから道路封鎖や火炎瓶投げまで、あらゆることをした。先日、台湾への密航失敗で中国に拘留された香港人12人のうちの1人も仲間だ。 昨年10月、この友人は抗議活動で逮捕され、拘留中に警官から「殴り殺す」と脅された。保釈後、音信不通となった友人から連絡が来た。「(密航の)船に乗る前は電話してこないようにと言われた。もし3日後に連絡が来なければ成功したと」 しかし友人は12人の中で数少ない10代の逮捕者になった。 「瓦全(がぜん)で生き延びるより、玉砕したほうがいい」──抗議活動の先頭で戦う勇武派の信念である。 とはいえ勢いだけでなく、事前に配置や行動、目標について綿密に打ち合わせする。目の前で警察官が実弾を発射しても怖くないが、仲間の安否が唯一の心配事だ。 「友人がいきなり姿を消し、逮捕され、逃亡し、亡くなる......。背負ったものが多過ぎて後戻りできないが、前へ進むしかない」。生き抜いた今、生きる意味と責任を語る。 漫画家 阿塗(38) PHOTOGRAPH BY CHAN LONG HE 漫画家 阿塗(38) 時事漫画を執筆して8年。香港国家安全維持法が施行された途端、阿塗(ア・トー)は新聞や雑誌関係の仕事がなくなった。作品が時代のネガティブな面を風刺するものだからだ。 これまで社会の現状をテーマに、広東語の話し言葉で漫画を描き続けてきた。読者の多くは香港が大好きな香港人──彼自身も同じだ。「香港という街が大好き。この街の自由があるから、今の僕がいる」 しかし同法の施行後、約1年間コラムを連載してきた「明報週刊」がリニューアル名目で阿塗を含む政治風刺画家4人のコラムを打ち切った。6年間も連載したヤフー香港も阿塗ら7人のコラムを終了。作品の発表先がなくなった彼は、新作をSNSで有料公開して窮地を打開した。 街の息遣いも生活の雰囲気も阿塗の創作に欠かせない。香港を離れることなく、最も近い視点からこの街を描きたい。 「料理と同様、いつも強火を使う必要はない。弱火でじっくり煮込んでもおいしく仕上げられる。大事なのはその火種が残ること。そしていつでも派手に再燃できること」 ユーモアのある比喩に秘めた知恵は、暗闇を導くともしびのように、絶望の中にいる人々を希望へといざなう。 ===== 弁護士 彭皓昕(30代前半) PHOTOGRAPH BY CHAN LONG HE 弁護士 彭皓昕(30代前半) 香港国家安全維持法の施行翌日、その条文で10人が逮捕された。施行からわずか12時間で、彭皓昕(ジャネット・パン)は弁護士ボランティアとして警察署へ行き、逮捕者の面会を要請した。逮捕者も弁護士も、警察も条文をよく理解できていなかった。 何年も弁護士を務めてきた彼女は、法治の原則を信じてきた。だが、同法には2つ重要な問題があった。1つは立法過程。内容も公表されないまま、この法律は直接香港に飛んできた。 もう1つは制限なき権力。「香港で判決の出ていない人は保釈の権利を持つ。しかし同法では、国家の安全に危害を与えない前提でなければ、裁判官は保釈決定も下せない」 この法律で香港の法治の原則はひっくり返された。有罪の定義も明確でない条文に対し、コモンロー(一般法)の訓練を受けた香港の弁護士たちは逮捕者へ有効な法的助言ができない。対する法執行機関は、発言ひとつで一方的に有罪にできる。 デモのさなかの昨年7月に起きた市民襲撃事件をきっかけに、海外から戻って弁護士を続けたいと決心した。「弁護士である前に香港人。時が来て、私たちの世代が選ばれた。ならば、立ち向かうしかない」 教師 余子游(30代後半) PHOTOGRAPH BY CHAN LONG HE 教師 余子游(30代後半) 昨年6月から1年間で、香港教育局に届いた教師の服務違反に関する苦情は200件を超え、なかでも政治関連の「不適当な」SNS投稿への苦情が多かった。 香港国家安全維持法が施行されてから、余子游(ユー・ツー・ヤウ)の学校では親政府派の教師が職員室で勝利者のように振る舞うようになった。そして最近、香港独立に関する宿題を作ったある「通用知識科」教師がクレームを受け、初めて政治的原因で教師資格を剝奪された。 通用知識科とは、香港の中学生の選択科目かつ高校生の必修科目で、社会への認識と批判思考を形成する授業内容だ。ただし今学年から中学の通用知識科は生活・社会科と改められ、教科書から香港や中国に対する批判的な内容が消えた。 「幸い、こういう教科書は推薦書にすぎない。教師は手作り教材で講義する余地がある」と、同教科教師の余は言う。 ただ、教育の自由が狭まることで、教師と生徒と保護者の関係は壊される。それでも生徒のため、彼はネガティブの中にポジティブを生み出そうとしている。 「生徒たちに希望を見せたい。彼らに教育できるのは僕しかいないから、最後まで戦わないと」 <2020年11月24日号掲載>