<香港の状況は絶望的に悪化している。11月23日には民主活動家の周庭(アグネス・チョウ)らが収監された。香港人は今、何を思い、どう反抗しているのか。16人の本音と素顔を伝える(3)> 「黄色経済圏」支持者 Rob(41)& Laura(36) 「和理非(平和・理性・非暴力)」派を自称する2人は、よく逃亡犯条例改正案反対デモに姿を見せた。今年になって街で警察に捕まるリスクが高まるようになり、安全な範囲で政治的信念を貫けるよう「黄色経済圏」だけで消費することにした。 黄色経済圏とは、民主化運動の支持者が政治理念の近い店でのみお金を使うこと。中国製品を買わないように商品の産地を確認する。外出はバスに乗り、デモ期間中に警察に協力した地下鉄はボイコットする。 デモを支持する飲食店・商店を意味する「黄色い店」でお金を使うため、店の詳細を調べる──。2人は日常消費の8割を黄色経済圏に投じている。 「調べるのは面倒だけど、だんだんと慣れる。しかも中国製でないほうが、品質がよくて安い製品が多い」 黄色経済圏の支持者は増える一方だ。そして、中国資金や政府支持派の店の業績は右肩下がりを続ける。香港を代表する外食大手「美心集団(マキシムグループ)」は、創業者の長女がデモ隊を「暴力分子」だと発言したことで、今年上半期に5000万ドルの損失を出した。 最初に踏み出した一歩が、どんな結果につながるのか分からないと、Robは言う。少なくとも種をまけば、芽生える時はいつか来る。 元「香港衆志」主席 羅冠聡(27) PHOTOGRAPH BY YUKITAKA AMEMIYA 元「香港衆志」主席 羅冠聡(27) 2014年の大規模デモ「雨傘運動」で名前を知られ、2016年には民主化を求める政党・香港衆志(デモシスト)を創設し最年少の立法会議員となったが、宣誓日に資格が取り消された。 昨年、逃亡犯条例改正案反対デモの最中に米エール大学に進学。いったん香港に戻り、今年の夏にイギリスへ逃れた羅冠聡(ネイサン・ロー)は、香港民主化の必要性を世界に訴える仕事に取り組んでいる。 出国は決して簡単な選択ではなかった。親戚や友人と家族に別れを告げる機会もなく、極秘で香港から旅立った。関係を断つことを公表することしか、親愛なる人たちの安全を守るすべがなかった。 離れているから、共に戦って来た仲間が逮捕されるのを見ると、心配と怒りが込み上げた。 「周庭(アグネス・チョウ)が国家安全維持法で逮捕されたのは、明らかに政治的抑圧だ」 香港の民主化運動と国際社会をつなげることが彼の使命だ。中国外相である王毅(ワン・イー)の欧州歴訪を知るとすぐ現地に飛び、王より一歩先に各国の官僚を説得した。訪問した王に対して、各国は以前より明らかに強い態度で臨んだ。 「香港の声を広める責任がある」と、羅は言う。「どんなに小さなことでも香港に変化を与えたい」 ===== デモ隊の「保護者」 Zero(40) PHOTOGRAPH BY CHAN LONG HEI デモ隊の「保護者」 Zero(40) 逃亡犯条例改正案の抗議活動が始まって以来、逮捕者は1万人を超え、毎日100人ほどが裁判所に送られる。そんな法廷の傍聴席に現れたZeroは、逮捕者を自分の子供のように「阿仔(息子)」「阿女(娘)」と呼ぶ彼らの「保護者」だ。 典型的な「港猪(食えれば政治はどうでもいいと思う香港人の蔑称)」だった彼は、2014年の雨傘運動で生まれ変わった。デモ隊の主要な占拠エリアに彼の会社があり、その状況を見ることが日課になり、水や食べ物などの物資を現場に持って行った。 「自分たちは既得権益者で、次世代のことを忘れることもある。しかし返還後、さまざまな権利や約束された普通選挙が次々となくなった。なくした権利を取り戻そうという若者の決心を見て、われわれも言い逃れできなかった」 「保護者」として、必要物資から心の支えまで、デモ隊の面倒を丁寧に見る。懐具合が寒い若者にはレストランのクーポンを渡し、身体や精神に傷を受けた若者は医者に見せ、働きたい若者には仕事を紹介する。 最近はデモ隊の裁判傍聴が重要な支援になった。「傍聴を通じて、誰も使い捨ての道具ではないと伝えたい。逮捕者の心の支えになれたらいい」 <2020年11月24日号掲載>