<香港の状況は絶望的に悪化している。11月23日には民主活動家の周庭(アグネス・チョウ)らが収監された。香港人は今、何を思い、どう反抗しているのか。16人の本音と素顔を伝える(4)> 新聞記者 梁嘉麗(38) 今年8月10日、中国に批判的な日刊紙、蘋果日報(アップル・デイリー)の創業者・黎智英(ジミー・ライ)が香港国家安全維持法違反の疑いで逮捕され、捜査のため警察官が本社ビルに乗り込んできた。 その時、同紙記者の梁嘉麗(シャーリー・リョン)は会社におらず、同僚のライブ中継で状況を把握するしかなかった。「警察の行動は『おとなしく言うことを聞くように』というメディア全体への警告だ」 蘋果日報は同法が施行されると、記者の安全のため記事の署名を伏せ始めた。法律の線引きが確定できないためだ。 「記事で誰かの話を引用したら、それが扇動になるのか。扇動的と弁護士に言われたら書かないのか。妥協すれば絶対安全なのか。政権が見たいのは、こういう自己検閲だ」 第一線の記者として15年も走り回ってきた。「抑圧は今に始まったことではない。メディアが中国資本に買収され、ベテラン編集者が異動させられるなど、20年間ずっと進んできた」 道のりは険しいが、真実の報道を譲らなければ希望は見える、と信じている。「ここに残り記録を続ける。最後まで......もしくは逮捕されるまで」 難民ビザの申請者 L(47)& K(40) PHOTOGRAPH BY VIOLA KAM 難民ビザの申請者 L(47)& K(40) 香港の公務員だったLと妻のKは、昨年の逃亡犯条例改正案反対デモで何度も救急ボランティアとして現場に姿を見せた。だが今年3月、6歳の息子の将来のためオーストラリア政府へ難民ビザを申請し、香港から脱出した。 2人とも香港で生まれ育ち、苦難であれリスクであれ、この街で共に乗り越えたいと願っていた。しかし、デモ隊がけがを負ったり、捕まったりしても全員を救えない無力感がストレスや苦しみになった。 「警察の仕事は市民を守ること、と子供に言えなくなった。是と非の区別を教えるすべも分からなくなって」 昨年末、各大学でのデモ隊と警察の攻防戦が世界を驚かせた。キャンパス内で負傷者の手当てをする救急隊員ボランティアまで逮捕された。こんな街はもう息子を育てるのに適していない──。 元の職業が「高技能」とも言えず、資金もないため、彼らは難民の人道支援プログラムに申請した。夫のLはすぐ仕事が見つかった。 故郷を離れて身は軽くなった。だが、心は終始、香港から離れない。「香港を立ち去ることは終わりではなく、新しい始まりだ。海外からでも香港への応援を続けたい」 ===== 「香港民主の女神像」企画者 Alex(30代前半) PHOTOGRAPH BY VIOLA KAM 「香港民主の女神像」企画者 Alex(30代前半) 昨年まで香港に「民主の女神像」はなかった。逃亡犯条例改正案反対のなかで生まれ、デモの精神的支柱になった。 制作を企画したのは、在日香港人のAI研究者Alexだ。「芸術の目的の1つは思考や議論を引き起こすこと。かつてない視点を社会に提供し、芸術と社会、政治の関連性をより立体的に表現する」 クラウドファンディングで集めた20万香港ドル(約270万円)で、高さ約4メートルの像を制作した。数カ月後、女神像は香港人の精神を象徴する観光名所、獅子山(ライオンロック)に運ばれた。 Alexも約40人と共に悪天候の中、「わが子」を頂上へ届けた。「嵐のなか女神を担いで運んだことで、香港人の不撓不屈を示したかった」 像をめぐる運動はこれで終わりではなかった。制作チームはミニサイズの女神像を製作・販売し、利益を各抗議活動の支援組織に寄付した。だが、国家安全維持法が立ちはだかる。 「ネット上での言葉遣いにも気を配る。黄色経済圏の店とコラボする際は、リスクを考える必要もあった。われわれの銀行口座も理由なく凍結された」 「香港民主の女神像」の本部は日本に移転。海外での香港支援活動に参加できるよう、大型の女神像も作り直した。 <2020年11月24日号掲載>