<日本に先行して発売されたアメリカでは、あまりの人気に入手困難な状態が続いている> ソニーの新型ゲーム機「プレイステーション5(PS5)」を、米小売チェーン最大手のウォルマートが今週ネット販売したところ、販売開始直後に売り切れとなり、ネット上にはゲーマーの怒りの投稿があふれた。 ウォルマートは、今週26日の感謝祭を前にPS5を再入荷し、25日午後9時(東部時間)からサイト上でPS5と「Xbox Series X」を販売した。しかし今月12日のPS5の発売日と同様、今回も即座に売り切れてしまった。 今回の販売はサイト上だけで、店舗が休みとなる感謝祭当日にも、毎年セールが開催される翌日の「ブラックフライデー」にも店頭では販売されない。 PS5は9月の事前予約の際も、アメリカでの発売日の12日にも購入が困難だったため、ゲーマーにとってはこれが3度目の「チャンス」だった。幸運にも購入できたゲーマーはいたが、多くは今回も手に入らずネット上で不満を爆発させた。 そんなゲーマーの1人ベンは、「別の方法」で入手するというジョークのツイートを投稿した。「なんでみんな、PS5じゃなくてウォルマートのことばかり言っているのかな? 僕はちょうどカートに入れたところだ」と書いて、拳銃を収めるホルスターと顔を隠すスキー用の目出し帽、黒いスニーカーをカートに入れた画像を付けている。 Why everybody keep saying Walmart out of PS5s I got mine in the cart right now pic.twitter.com/bUYbbzqELd— Benjamin Tyler Black Lives Matter Stan (@BenTyler777) November 26, 2020 別のゲーマーは、スパイダーマンがガールフレンドのメリー・ジェーンの姿に手を伸ばしたところ消えてしまい「ノー」と叫ぶ動画とともに、「ウォルマートで買おうとしたのに1秒後に売り切れた」とツイートした。 Me Trying To Buy A #PS5 At Walmart But Was Sold Out A Second Later... pic.twitter.com/C0Yin0cZCP— Benphire (@Benphire) November 26, 2020 カートに入れるところまではできたのに、購入する前に売り切れになってしまったというケースもあったようだ。 あまりにも一瞬でPS5が売り切れたために、転売で儲けようとする「転売屋」がボットで購入したのではないか、という憶測まで出ている。一方で、単純に需要が極端に高いのに、販売数が限られているから、という見方もある。 ===== ゲーム販売サイト「GameStop」が今週24日、PS5をコントローラーやゲームソフトとのセット売りで販売したときにも同じ事態が起きた。ツイッターの投稿では、販売開始直後に売り切れとなり、カートに入れようとしたところでできなくなったケースもあった。 しかし不運なゲームファンも希望を失ってはいけない。 プレイステーションのツイッター公式アカウントは25日、「PS5の販売が過去最大のローンチ(滑り出し)となったことを皆様に感謝したい」と投稿した。過去の機種のPS4などを上回る初期出荷となったことを明らかにした。 「PS5の需要は前例のない規模なので、今年末までに各小売り店にさらに在庫が届くようにしたい。地元の販売店をチェックしていてください」(編集部注:米国内向けのメッセージで、日本は含まれていない)。 ===== Me Trying To Buy A #PS5 At Walmart But Was Sold Out A Second Later... pic.twitter.com/C0Yin0cZCP— Benphire (@Benphire) November 26, 2020