新石器時代から中世にかけての矢が68点出現。氷の中から見つかった数としては過去最多です。人間活動の推移が垣間見える一方、氷と考古学の従来説に再考を迫る発見でした。