<ヒット作は観客動員数百万人が当たり前の韓国。そんな映画大国が今年は前年比7割減の危機的状況に──> 1896年12月1日、日本で初めて映画が一般公開されたことにちなんで、12月1日は「映画の日」と制定された。現在では、入場料の値引きなど、「映画の日」を祝うイベントを行う映画館も多い。 ここ数年、映画強国として世界から注目を集めている韓国でも、もちろん「映画の日」は存在する。 韓国では、10月27日が「映画の日(영화의 날)」とされている。1919年10月27日、キム・ドサン監督の映画『義理的仇討』が、韓国映画として初めて上映されたことから、1963年韓国映画人協会がこの日を記念して映画の日に制定したそうだ。 そんなめでたいはずの韓国「映画の日」から1カ月も経たない先月中旬、消費者にとって嬉しくない映画料金値上げのニュースが報道された。 筆者が韓国に住み始めた2000年。韓国の映画料金は6000〜7000ウォン(約600〜700円)だった。生活費を切り詰めてでも、映画は映画館で観ようと心に決めていたため、日本よりはるかに安かったこの料金はありがたかった。しかし、その後、年々値上がりを続け、今回シネコンチェーンを中心に1000ウォンの値上げが発表されたのだ。 映画は韓国人にとって身近な娯楽の一つである。映画好きな韓国民が理由なき値上げを許すはずがない。今回の価格改訂は、コロナウイルスによる影響で、映画館の経営が困難に追い込まれているためだ。これは今世界中の映画界が直面している課題だろう。 90年代のシネコンブームが料金平準化に それでは、これまでの料金値上げにはどのような理由があったのだろうか。 1970年代後半、個人経営の劇場が多かった韓国の映画館は、観覧料にバラつきがあったものの、ソウルの一般的な劇場で平均1人500~700ウォン前後だった。80年代に入ると、2000ウォンにまで上がり、その後90年代に入って一気に上昇するが、これは物価と合わせた高騰である。1995年には6000ウォンに達し、数年間はこの価格で維持されていた。 そして、90年代後半から韓国にシネコンチェーンの波が押し寄せる。1998年、電気店の集まったテナントビル「テクノマート」に、韓国最大シネコンチェーンCGVの第1号店が登場すると、それに続くかのように、1999年にはロッテシネマ、そして翌年の2000年にはメガボックスと、現在の韓国映画界を席巻する3大シネコンが続いてオープンした。 シネコンが増えていくにつれて、それまで多少のばらつきがあった韓国の映画料金も、かなり統一化されていく。そして、2000年6月『ミッション:インポッシブル2』公開のタイミングで6000ウォンから7000ウォン(700円)に値上げされた。 アクションやSF大作に合わせ設備もグレードアップ しばらくは7000ウォンで統一されていたが、2000年代後半に入り4DXやIMAX、3Dなどの体感をウリにした映画館自体の設備工事が頻繁に行われるようになる。 設備向上を理由に、丁度『トランスフォーマー』の公開時期に合わせて料金が8000ウォン(800円)に値上げされ、さらにこの頃から9000ウォン(900円)の週末料金が導入され、平日と休日の曜日別料金設定が開始された。 そして、「映画料金1万ウォン時代突入」と注目を集めたのが2013年の値上げだ。平日9000ウォン、週末は1万ウォン(千円)に変更されたのだが、反対の声も多く寄せられ、値上げ反対デモを行う人たちもいたことを覚えている。 その3年後の2016年、さらに値段を上げることとなるが、前回の世論の反対もあり、反発を避けるために、CGVとロッテは座席の位置別での料金体制を導入する。「プレミアム」や「エコノミー」といった名称を付け、料金幅を出すことによって選択肢を広げたように見せ、全体の価格をアップさせる作戦だ。しかし、「座席の位置で料金が違うのはわかりにくい」とかなり不満の声が多かった。 ===== ハリウッドの大作封切りに合わせて値上げ そして、そのわずか2年後の2018年、さらに1000ウォンの値上げが行われた。2016年、2018年ともに家賃・人件費等の値上がりが理由と発表されている。人件費の面でいえば、2018年韓国政府は最低賃金の引き上げを強行し、これによって映画館での人員削減と無人化がより進められ、その設備投資にお金がかかってしまったようだ。 このように、物価や家賃の上昇が影響していることはもちろんだが、値上げが行われたタイミングをみると、確実に儲けることのできるハリウッドの大作映画の公開タイミングに合わせているという共通点もある。 『ミッションインポッシブル2』も『トランスフォーマー』も、すでに製作段階から注目を集めていたハリウッド大作である。さらに、2016年と2018年の値上げはちょうど『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)と『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)の公開の少し前に行われている。 物価上昇率よりも突出 冒頭にも書いたように、筆者が初めて韓国で映画を見た当時は、6000ウォンだった。しかしその20年後、今回の値上げでちょうど2倍の12000ウォンになってしまった。 具体的に、映画料金価格の上昇は他の物価に対してどのくらい比例しているのだろう。韓国消費者団協議会は、「2013年~2017年まで消費者物価上昇率は5%なのに対し、映画観覧料金は9.9%も上昇している」と物価上昇と比較して映画料金値上げが突出している点を問題視している。 映画ファンにとって、料金値上げは懐が痛むニュースではあるが、一方で今回の値上げはコロナ禍の影響による側面もあり、やむを得ないといわざるを得ない。実際、韓国3大メジャーシネコンの1つであるロッテシネマは10月20日、全国20%の映画館を閉館することを発表した。 ロッテシネマは、シネコンチェーンの運営のほかに、自社で映画制作も行っている。これはつまり、自社製作の映画を公開しても今後は20%売り上げが落ちるということを意味する。これからロッテシネマ制作の映画の本数や製作費にも影響が出てくる可能性があるだろう。映画業界はギリギリの選択を迫られているのだ。 韓国でも映画は高額な娯楽になってしまうのか? 日本では、2019年の6月になんと26年ぶりのシネコンチェーンの映画観覧料100円値上げが行われ話題となった。日本の映画館関係者は口をそろえて、「値上げしても高くはない。妥当な価格だ」と言うが、実際何の割引きもなしに映画を見に行くのは、少々高額な娯楽になりつつある。 それ故、観客は映画を吟味し、1900円払って駄作を見ないように、リスク回避をして作品を選ぶようになり、前情報を詰め込んで映画館に足を運ぶようになってしまった。 韓国ではこれまで、映画は日本に比べもっとカジュアルな娯楽だった。何を見るかも決めず、映画館に集合し上映開始時間とポスターなどの雰囲気で映画を観ることが多く、作品選びの冒険もしやすかった。よく韓国と日本の映画ポスターの比較の話題が出るが、情報量の多い日本のポスターより、韓国では作品の雰囲気を重要視してポスターを作るのは、そのせいでもある。 しかし、映画料金の値上がりが今後も続くと、韓国も身近だった映画が少し遠のいてしまうのではないか。よい意味でカジュアルだった韓国民と映画館の関係が崩れないことを願うばかりである。 ===== コロナに追い込まれた韓国映画 韓国映画業界で、劇場での興行収入が占める割合は8割ということで、韓国映画はまさに崖っぷちに追い込まれている。 YTN news / YouTube