<洪水で水に囲まれた8頭のロスチャイルドキリン。水路で安全な場所に運ぶため大胆な船が作られた> ケニアで、希少種のキリン8頭を救うための大胆な作戦が進んでいる。洪水で周囲を水に囲まれた。水辺にはワニも待ち構えている。 自然保護の専門家と地元住民は協力して、身長5メートル近いキリンを一頭ずつ安全な場所まで運べる鉄製の船を作った。 だが、やっと一頭を運び終えたばかりのところで、救出作戦は時間との戦いになっていると、NGOの「今キリンを救え」は言う。 キリンはロスチャイルドキリンという絶滅危惧種で、ケニアの生息数は800頭にも満たず、アフリカ全体でも2000頭しか残っていない。 このキリンたちは2011年、保護活動家たちによって、ケニア西部のバリンゴ湖周辺のこの一帯に移された。孤絶した立地がキリンたちを密猟者から守り、個体数を増やせるのではないかと期待してのことだ。 しかし、最近の豪雨で湖の水位が日に15センチずつ上昇、キリンたちの生息地は陸の孤島になってしまった。 ケニア野生生物公社は複数のNGOや地元住民と協力して6.4キロ離れたところにあるフェンスで囲まれた18平方キロの安全地帯に運ぼうとした。 鉄製の巨大な箱舟 生息地が孤島になってしまってからは、保護活動家が餌を運び、定期的な健康チェックによってキリンたちを生かしてきた。 地元ルコ族は特製の船を作った。空のドラム缶を並べた上に乗せた長方形の箱のような船だ。 12月2日、救出チームはこの船を使い、他のキリンたちからも孤立していたアシワという名のキリンを運んだ。 「救出作戦はとてもうまく行った。アシワの足元の地面はもう4平方キロも残っていなかった。ルコ族も喜んでいた。残りの救出もうまくいくと思った」と、「今キリンを救え」の責任者デービッド・オコナーは言う。 あと2頭は明日運び、翌週に残りの5頭を運ぶ計画だ。 「出来るだけ早く移動させたい。このキリンは今静かに絶滅しかかっているので、1頭でも多く助けられれば大きな意味がある」 Save Giraffes Now/Facebook ===== 旧約聖書のようなキリン救出動画