<今年最も輝いたクリエイターを選ぶ「クリエイター・アワード」の受賞者が発表された。選ばれたのは講談、アート、料理、建築、音楽、小説の分野からの6人だ> 新しい表現を追い求め、多くの人々に影響を与えたクリエイターを選ぶ「クリエイター・アワード」(雑誌『Pen』主催)の2020年の受賞者が発表された。 選ばれたのは、今年2月に真打に昇進した講談師の神田伯山、アーティゾン美術館での展覧会で壮大な世界観を表現したアーティストの鴻池朋子、パリの3つ星シェフの小林圭、今年開館の「弘前れんが倉庫美術館」を手掛けた建築家の田根剛、音楽家の常田大希、そして『破局』で芥川賞を受賞した作家の遠野遥だ。 彼ら6人が登場する『Pen』12/15号で、表紙を飾るのは常田大希。今年1月にKing Gnuの3枚目のアルバム『CEREMONY』を発売、5月にはmillennium paradeとしてアニメシリーズ「攻殻機動隊 SAC_2045」のオープニング曲「Fly with me」を配信した。さらに11月末には、King Gnu初の日本武道館公演を実施している。 個人でも2月にはブランド「N.ハリウッド」のニューヨークコレクションのショーサウンドを手掛け、幼少期から学んだ得意のチェロを軸にした楽曲を披露した。 「カッコいいものをつくって世間に問うのがアーティストだと思って憧れていたから、いまもそれをストイックに実行しているだけ」と常田は言う。 そんな彼の多才ぶりを発揮した企画が、銀座ソニーパークで開催中の「#014ヌーミレパーク(仮)」DIRECTED BY PERIMETRONだ(来年1月31日まで)。全フロアを常田が主宰するクリエイティブチームPERIMETRONがディレクションし、King Gnuやmillennium paradeの曲やミュージックビデオで描かれた世界を具現化したものだ。常田と彼を取り巻くクリエイティブチームの頭の中をのぞくような体験ができる。 新型コロナウイルスの大流行で、世界中で価値観の大きな変化があった今年。日本を代表するクリエイター6人の活動を本人たちの言葉とともにみせる特集『クリエイター・アワード2020』は、決して平坦ではない道を歩む上での新たなヒントになりそうだ。