<1992年に凍結され、非営利団体「国立受精卵提供センター(NEDC)」で保存されていた凍結胚から女の子が生まれた。出生にいたった凍結胚としては最長記録となる......> 米テネシー州東部で、2020年10月26日、27年間保存されていた凍結胚から女の子が生まれた。出生にいたった凍結胚としては最長記録となる。 モリーと名付けられたこの赤ちゃんが生まれた受精卵は、1992年10月14日に凍結され、2020年2月10日までテネシー州ノックスビルの非営利団体「国立受精卵提供センター(NEDC)」で保存されていた。 テネシー州東部在住のギブソン夫妻がこの凍結胚と養子縁組をした後、2月12日、妻ティナさんの子宮に凍結胚を移植。ティナさんは11日後に妊娠し、10月26日、身長19インチ(約48.3センチ)、体重6ポンド13オンス(約3090グラム)のモリーちゃんを出産した。ティナさんは現在29歳で、モリーちゃんが胚として凍結されるわずか18ヶ月前に生まれた。いわば、ティナさんとモリーちゃんは「同世代」の母娘だ。 「正しく保存すれば、凍結胚は永久に良好な状態を保つとみられる」 ティナさんに凍結胚移植を行った国立受精卵提供センターの会長で医療ディレクターのジェフリー・キーナン医師は「保存期間が長いというだけで凍結胚を処分すべきでないことを示すものだ」とその意義を強調する。 また、国立受精卵提供センターの発生学者キャロル・ソンメルフェルト氏は、米タブロイド紙「ニューヨークポスト」で「零下396度の液体窒素保存タンクで正しく保存すれば、凍結胚は永久に良好な状態を保つとみられる」との見解を示している。 モリーちゃんが生まれる前、出生にいたった凍結胚として最長だったのは、モリーちゃんの姉にあたるギブソン夫妻の第一子エマちゃんだ。エマちゃんはモリーちゃんと遺伝子的にきょうだいで、1992年10月に胚として同時に凍結され、24年以上にわたって国立受精卵提供センターで保存されていた。 当時26歳のティナさんは、2017年3月15日、凍結胚移植(FET)によりエマちゃんを妊娠し、2017年11月25日に無事出産している。 約100万個の受精卵を凍結保存している 長年、夫とともに不妊に苦しみ、今では二児の母となったティナさんは、BBC(英国放送協会)の取材で「嬉しくてたまりません。今でも胸がいっぱいになります。5年前の自分に『2人の娘を授かりますか』とたずねたら、『そんな馬鹿な』と答えたでしょう」と喜びを語っている。 2003年に開設された国立受精卵提供センターでは、体外受精(IVF)を試みた実父母から寄付された約100万個の受精卵を凍結保存している。2005年に凍結胚との養子縁組により初めて赤ちゃんが生まれて以来、これまでに1000名以上の赤ちゃんが誕生した。 ===== Baby Born From Record-Setting 27-Year-Old Frozen Embryo | NBC Nightly News