イーロン・マスク率いるスペースXが火星到達への道を着実に歩んでいる。 テキサス州ボカチカにある同社の施設では近く、開発中の再利用可能な巨大宇宙船「スターシップ」の試験機SN8の飛行実験が行われる予定。 これまでで最高となる高度15キロの飛行を目指しており、民間の宇宙開発への期待は膨らむ一方だ。 <2020年12月15日号掲載> ===== 間も無く飛行実験が行われる予定の「スターシップ」(テキサス州ボカチカ) NASASpaceflight-YouTube