<前衛芸術家、ミュージシャン、平和活動家――87歳の今日まで精力的に活動し注目を集め続けてきた。本誌「ジョンのレガシー」特集より> ジョン・レノンが狂信的なファンのマーク・デービッド・チャップマンに射殺されてから40年。妻のオノ・ヨーコは長い間、世界中を旅し、実に多くの有力美術館や施設のためにアートを制作し、昔の曲をダンスナンバーとしてヒットさせる一方で、新曲のレコーディングも行っている。しかも、レノンの評判を注意深く守り、亡き夫の平和と愛のメッセージを世界に広めようとしてきた。 もっとも、ずっとこうした人生を送ってきたわけではない。「しばらくの間は、生き続けることに強い意欲を持てなかった」と、1990年のニューヨーク・デイリー・ニューズ紙のインタビューで述べている。最初の頃は、夫の殺害時に5歳だった息子のショーンのために、どうにか気持ちを奮い立たせていた。「母親として、絶対に生き延びようと自分に言い聞かせていた」 ヨーコは私生活をあまり語らないが、2001年まで20年近く、骨董商の男性と交際していた。推計によれば資産は7億ドル以上。その多くは、夫の音楽活動によるものだ。夫の音楽や似顔絵の使用許可を与える企業は厳選している。無断使用に気付けば裁判に訴える。 ヨーコは現在87歳。今もニューヨークのマンハッタン地区の高級マンション「ダコタハウス」に、つまり40年前にレノンが射殺された場所に住み続けている。ヨーコの社会的活動と芸術活動は常に注目を集めてきた。2010年には、世界平和への貢献を理由に、第8回ヒロシマ賞を受賞している。 この秋、バラク・オバマ前米大統領の妹マヤ・ストロも共同創設者に名を連ねる非営利団体ピース・スタジオは、ヨーコの平和構築への取り組みを評価し、彼女の名前を冠した平和賞の創設を発表した。そのイベントには、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世、俳優のテッド・ダンソン、シンガーソングライターのリアノン・ギデンズらもバーチャル形式で出席した。 前衛芸術家としては、60年代にジョンと出会った頃に最初の絶頂期を迎えたと言えるだろう。当時の作品を集めた回顧展は、ロンドン、東京、コペンハーゲン、ベネチア、オスロなど、多くの都市で開催されているが、ヨーコは新しい作品も制作し続けている。2004年のリバプール・ビエンナーレでは、ジョンの故郷リバプールがヨーコの作品で埋め尽くされた。その2年後には、ロンドンのセントポール大聖堂で、白いロープを光線の束に見立てた作品などが展示された。 ヨーコの代表作の1つが『ウィッシュ・ツリー』。来場者が短冊に願いごとを記して木につるすという作品だ。これまで、ニューヨークやロンドン、ワシントン、サンフランシスコ、東京、ダブリン、ベネチアなどで、この作品が展示されてきた。 ===== もちろん、多くのファンにとってヨーコは今もミュージシャンだ。ソロでも活動してきたし、ビートルズ解散後はレノンと、90年代以降はショーンともコラボしてきた。 近年は、『イエス・アイム・ア・ウィッチ』というアルバムで、フレーミング・リップスなどとのコラボを披露。『ヨーコキムサーストン』では、ソニック・ユースのサーストン・ムーアとキム・ゴードンとコラボしている。18年の『ウォーゾーン』では、過去の曲の新バージョンをレコーディングした。 70代以降は、(特にヨーロッパにおいて)ダンスミュージックやクラブミュージックの分野でも成功してきた。ペット・ショップ・ボーイズなどによるリミックス版は、ビルボード誌のダンス/クラブ・プレイ・チャートでたびたび1位を獲得してきた。 12年には、ラルフィ・ロザリオがリミックスした「トーキング・トゥ・ザ・ユニバース」で、7作連続1位という快挙も達成している。2007年には、アイスランドの首都レイキャビク近くのビーズエイ島で平和のモニュメント「イマジン・ピースタワー」がお披露目された。これは、台座に設置された光源から空に向けてライトが照射されて、巨大な「光の塔」が浮かび上がるというものだ。台座には、「イマジン・ピース」という言葉が24の言語で刻まれている。 レノンの67回目の誕生日に当たる07年10月9日、ヨーコとショーン、ビートルズの元メンバーのリンゴ・スター、同じく元メンバーの故ジョージ・ハリスンの妻オリビアが出席して開設式が行われた。これ以降、毎年10月9日にこのタワーが点灯される。光の照射は、レノンが射殺された12月8日まで続く。 <2020年12月15日号「ジョンのレガシー」特集より>