<感染者の急増で、ストックホルムではICUの空きベッドがあと5〜7床しかない> スウェーデンの首都ストックホルムでは、新型コロナウイルス感染症のための集中治療室(ICU)の占有率が99%に達した。同国のアフトンブラデット紙によれば、12月9日には、ストックホルム地方にある計160のICU病床のうち、空いているのはわずか5~7床になった。 報道によれば、ストックホルムの医療担当責任者を務めるビョルン・エリクソンは9日の記者会見で、状況は「きわめて深刻」だと述べ、ストックホルムはほかの都市圏よりも「かなり大きな」打撃を受けていると説明した。 エリクソンは次のように語った。「我々は全ての人が必要なケアを受けられるように、できる限りのことをしてきた。今後も社会の全ての人が一丸となって最善を尽くし、ウイルスとパンデミックに立ち向かっていく必要がある」 スウェーデンは新型コロナ対策の上で、ロックダウンを行わず自主的なソーシャルディスタンスの確保で集団免疫の獲得を目指す独自路線をとってきた。しかし9月に入ってから感染者が増え始めた。 市民同士の接触が多過ぎる エリクソンは記者会見で、感染者が急増しているのは、市民同士の接触が多すぎることが原因だと説明した。「これはまさに、我々が恐れていた展開だ。ストックホルム市民が特定の場所に密集したり、外出先で互いに接触しすぎたりした結果だ」と彼は述べ、「医療体制がひっ迫しており、病床に余裕がなくなっている」と警告した。 カロリンスカ大学病院(ストックホルム)のICU担当マネージャーであるビョルン・パーソンは、ダーゲンス・ニュヘテル紙に対して、ICUが満杯になれば、患者に別の受け入れ先を探さなければならなくなると語った。 パーソンはまた、病床の占有率が高まっていることで、通常ならICUで治療を受けられるはずの患者がICUに入れなくなってしまうと語った。スタッフ不足も深刻で、南部ブレーキンゲ県からICUの追加スタッフを派遣してもらった。「できる限りの手は尽くしたが、それでも追加シフトや残業を頼まなければならない状態だ」 ===== スウェーデンはパンデミック当初からほかの国々とは一線を画し、外出制限や学校・職場・国境の閉鎖を行わない独自の対策を取ってきた。厳しい制限措置の代わりに集団免疫の獲得を目指し、ソーシャル・ディスタンスの確保など、市民の自発的な対策に頼ってきた。 しかし6月後半までには、新型コロナウイルスによる死者数が近隣諸国を大幅に上回る事態となった。スウェーデンの死者数が5300人を超えていたのに対し、ノルウェーは約250人、デンマークは600人でフィンランドは325人だった(これらの国はスウェーデンに比べて人口が約2分の1ではあるが)。 その後もスウェーデンの感染者数は増え続け、10月には規制を強化したが、11月までには1日当たりの新たな感染者数が過去最多を更新する日が続くようになった。 それでもマスク着用は勧めない 政府は、11月20日からバーやレストランに対して夜10時以降のアルコール類の提供を禁止。さらに21県のうち5県で行動ガイドラインを強化し、パーティーの開催や参加をやめ、公共交通機関での移動を控えるよう求めた。12月3日には、スウェーデンのステファン・ロベーン首相が年内いっぱいは高校を閉鎖し、リモート学習に切り換えると発表した。 だが、集団免疫政策を主導してきたスウェーデンの公衆衛生庁は3日、今後も国民にマスクの着用を推奨することはしないと表明。これに先立ち世界保健機関(WHO)はマスク着用のガイドラインをますます強化し、感染が拡大している地域では、換気の悪い屋内では全ての人がマスクを着用すべきとしたのだが、公衆衛生庁によればマスクが感染防止に有効というエビデンスは少ないなどの理由で人々の自由に任せてきている。