<さまざまな臓器に炎症が広がるこの病気は、アメリカではなぜかラティーノと黒人の子供に多く症例が出ている> 今週ロサンゼルスで、新型コロナウイルスの関連症状「小児多臓器炎症候群=MIS-C (Multisystem Inflammatory Syndrome in Children)」によって1人が死亡したことを、カリフォルニア州の保健当局が明らかにした。 この患者は、ロサンゼルス子供病院で治療を受けていたが、MIS-Cの合併症によって死亡した。患者には「複雑な、心臓病の持病があった」と病院の広報は説明している。 地元紙ロサンゼルス・タイムズによると、これが新型コロナに関連するアメリカ初の子供の死亡例と見られている。病院の広報は、患者のプライバシー保護のため、これ以上の詳細な情報は公表できないと述べている。 MIS-Cの原因はまだ医学研究者でもわかっていないが、新型コロナに感染したか、または感染者と接触した子供が発症している。 米疾病予防管理センター(CDC)には全米で1288件の症例が報告され、心臓、肺、腎臓、脳、皮膚、眼球、胃腸など全身の様々な部位が炎症を起こす。 腹痛、発疹、嘔吐など多様な症状 ロサンゼルス子供病院の小児心臓科医ジャッキー・スマスコビズは、ロサンゼルス・タイムズの取材に対してMIS-Cの患者は今後も出るだろうと話している。「現在の患者数から判断して、今後数週間でさらに患者の子供が増えると予想される。我々は危機に直面している」。 地元テレビによると、この病院ではこれまでに生後4カ月から17歳までのMIS-C患者32人を治療した。このうち31人は「治療に成功して退院した」という。 CDCによると、MIS-Cの患者は腹痛、目の充血、首の痛み、発疹、疲労感、嘔吐、下痢など多様な症状を示している。ほとんど症例が1歳から14歳までの子供の患者で、平均年齢は8歳。さらに症例の75%がラティーノ(460例)か黒人(410例)だった。 また症例の99%は新型コロナウイルスに感染していた。残りの1%も、周囲に感染者がいた。ほとんどの子供が感染から2〜4週間でMIS-Cを発症していた。 ===== ロサンゼルス郡保健局の統計によると、これまでに43人のMIS-C患者が入院治療となり、そのうち約半数がICU(集中治療室)で治療を受けた。 「症例の26%が5歳未満、37%が5歳から11歳、37%が12歳から20歳」で、全体の72%がラティーノだった。 またカリフォルニア州保健局が9日に発表した最新の数字では、州全体のMIS-C患者は145人に上っている。 今週、ロサンゼルス子供病院が投稿したブログでは、MIS-Cは、子供の全身の血管が炎症を起こす「川崎病」や、黄色ブドウ球菌などの毒素によって起こる「毒素性ショック症候群」などとよく似た炎症症状を示す、と解説している。 「MIS-Cは別の慢性疾患や重症疾患によって免疫システムが低下している子供に限って起きているわけではない。もしあなたの子供がMIS-Cにかかったと思ったら、すぐに医師や小児科医に連絡するべきだ」と、このブログは呼び掛けている。