<アメリカの法律では、退役後7年以上経ていない元軍人の就任は「違法」のはずだが......> 新政権の人事を進めるバイデン次期米大統領は12月8日、国防長官にロイド・オースティン元中央軍司令官を指名した。上院で承認されれば初の黒人国防長官の誕生となるが、退役後間もない元軍人の起用に異論も噴出している。 アメリカでは文民統制を徹底する目的で、退役後7年以上経ていない元軍人の国防長官就任が法律で禁じられており、5年前まで現役だったオースティンの就任は「違法」となる。この規定が免除された事例が過去に2度あり、トランプ政権下でのマティス国防長官の任命もその1つ。とはいえ、文民統制の原則を形骸化させかねない人事には、民主党内からも疑問視する声が上がっている。 それでもバイデンが方針を撤回することはなさそうだ。オースティンとは旧知の仲で亡き息子ボーがオースティンの下で働いたこともある。バイデンは9日の演説で「(彼が)必要と確信していなければ(規定)の適用免除を求めたりしない」と理解を求めた。 <2020年12月22日号掲載> ===== I have worked closely with Secretary-designate Lloyd Austin. He is the definition of duty, honor, and country. I know that under his leadership, the Department of Defense will advance the security of the American people in ways that always honor our highest values and ideals. pic.twitter.com/OSU6b9Ip0c— Joe Biden (@JoeBiden) December 10, 2020 President-elect @JoeBiden and I will work closely with Secretary-designate Lloyd Austin--and our entire team of national security and foreign policy leaders--to strengthen not only America's national security, but also our role as a partner to allies around the world. pic.twitter.com/NtLdVcf6Oh— Kamala Harris (@KamalaHarris) December 10, 2020 I've worked closely with Gen. Lloyd Austin and know him to be a strong leader, a kind man of decency, principle and integrity, who is highly respected by those who have served with him. I am also proud to call him a friend. This country will