<米ジョージア州でサンタと記念撮影をした子どもたち約50人が濃厚接触者に、ベルギーではサンタの訪問を受けた介護施設で75人が陽性、1人が死亡した> 12月10日にジョージア州ルドウィッチでおこなわれたクリスマスパレードに出演していたサンタクロースが新型コロナウイルスに感染していたことがわかった。その場には約50人の子どもたちがいて、全員が濃厚接触者になった。 ロング郡の商工会議所が主催したこのイベントでは、ツリーのライトが点灯され、子どもたちが「サンタクロース夫妻」を訪ねて写真をとるコーナーがあった。 パレードの2日後、サンタクロースに扮した男女はどちらも新型コロナウイルス感染症の検査で陽性となった。 イベント実施時点では、サンタクロース夫妻にはいっさい症状がなかったと、ロング郡行政委員会のロバート・D・パーカー委員長は声明のなかで述べている。「子どもたちは、学校やレクリエーション施設、教会で、知らないうちに他の子どもやおとなたちと濃厚接触することがある」 米疾病対策センター(CDC)は新型コロナウイルスの濃厚接触者に対して、14日間の隔離期間をとることを推奨している。ただし、無症状であれば、その後の症状の有無に注意しつつ、隔離期間を10日間に短縮できる。接触の5日後以降に検査で陰性になれば、隔離期間をさらに短縮して、検査後7日間とすることも可能だ。 地元テレビ局「WJCL 22」によれば、ロング郡の学校は、サンタクロース夫妻と接触した子どもたちの保護者に対し、新型コロナウイルス感染症の症状がある場合にはホリデーシーズンの休暇明けまで自宅待機させるように求めているという。対象となる児童については、当面のあいだオンライン学習に切り替えると報じられている。 休暇シーズンで感染者急増 ジョージア州では、全米のほかの多くの州と同様に、ホリデーシーズン開始以降、新型コロナウイルス感染者数が急増している。 ニューヨーク・タイムズのデータによれば、ジョージア州における12月14日の新規感染者は3577人、死者は22人だった。過去1週間では、ジョージア州における1日あたりの感染者数は平均5562人にのぼり、それ以前の2週間と比べて101%増加している。 クリスマスを象徴するサンタクロースが原因で新型コロナウイルス感染が拡大したのは、これが初めてではない。ベルギーでは12月はじめ、「聖ニコラ」に扮して介護施設を訪問した人物が、その後まもなく陽性が判明。その後、入居者と職員の合計75人が陽性反応を示し、1人が死亡した。 WHO(世界保健機関)は12月15日、サンタクロースは新型コロナに対する免疫があるので子どもたちのところまで移動するのに問題はないとアナウンスしたが、ウイルスを運んでくるサンタもなかにはいるようだ。 ロング郡商工会議所の代理人を務めるブランディ・N・スマイリー(Brandi N. Smiley)は、本誌宛ての電子メールで、「現時点では、サンタクロース夫妻役を務めた2人のほかに、陽性と判定された人はいない」と述べている。 (翻訳:ガリレオ)