<中東=東南アジアを結ぶキーパースン逮捕でテロ勢力弱体化へ> フィリピン国家警察犯罪捜査局が12月初旬にフィリピンに滞在しているサウジアラビア国籍の男性をテロ関連容疑で逮捕していたことが明らかになった。 この男性容疑者は、中東のテロ組織「イスラム国(IS)」と密接な関係があるIS東アジア組織の支援者として、中東からフィリピンに不法に渡航してくるIS関係者などの入国を支援していた疑いがもたれているという。 国家警察は12月9日、フィリピン南部ミンダナオ島コタバト市の自宅にいたサウジアラビア国籍のアデル・スレイマン・アルシュヒバニ容疑者(47)と一緒にいたフィリピン人妻ノルハヤ・シロンガン・ルマンガル容疑者(36)を逮捕した。 治安当局ではアルシュヒバニ容疑者は、サウジアラビアを本拠地としてイラクやシリアなどを活動拠点とするISの東アジア支部ともいうべき「ISEA」のフィリピンでの強力な支援者で、ミンダナオ島にあるISと関係が深いとされるフィリピンのイスラム系武装組織「バンサロモ・イスラム自由戦士(BIFF)」の指導者アブ・トゥライフェ容疑者と非常に近い関係にあると治安当局はみている。 警察は逮捕の際に実施した家宅捜索でアルシュヒバニ容疑者が所持していた複数のパスポートと共にサウジアラビア政府内務省発行の身分証明書、フィリピン滞在に関する書類などを押収。さらに自宅からは「手製爆弾とその関連部品」などの武器も発見、押収したとしている。 IS中東とフィリピンを繋ぐ役割? これまでの捜査からフィリピン治安当局ではアルシュヒバニ容疑者はフィリピン人女性と結婚して正規の滞在者を装いながら、中東でISが壊滅状態に追い込まれて東南アジアなどに新たな活動拠点を求めて渡ってくるISメンバー、さらにマレーシアやインドネシア、フィリピンからISに参加するために中東に渡航したものの、母国への帰還の道が閉ざされて行き所を失っている東南アジア系のISメンバー、支援者などをフィリピンに受け入れるために活動していたとの疑いがもたれているという。 インドネシアやマレーシア国籍のIS関係者は、それぞれの国への直接的帰国が困難でもフィリピン南部経由で警戒網が比較的緩やかとされる海路を利用してボルネオ島(インドネシア名カリマンタン島)などに密入国するルートの存在が指摘されていることから「とりあえずフィリピンへ向かう」ための手助けをアルシュヒバニ容疑者が担当していた可能性もあるという。 ===== ドゥテルテ政権、テロ組織掃討を強化 ドゥテルテ大統領は2016年の大統領就任時から「フィリピン共産党とその軍事部門である新人民軍(NPA)をはじめとする反政府組織、テロ組織の壊滅を目指す」との方針を示しており、反政府勢力に対する国軍や国家警察などの治安当局による攻勢、掃討・壊滅作戦が現在も続いている。 フィリピンではNPAをはじめとしてイスラム系テロ組織である「アブ・サヤフ」やBIFFなどが依然として活動を続け、自爆テロや治安部隊との銃撃戦が繰り返されている。 ただ、治安当局による掃討作戦も効果をあげているようで各組織のメンバー摘発、射殺、投降が最近続いている。 12月13日、国軍は2020年に実施した「アブ・サヤフ」掃討作戦による銃撃戦などでこれまでに幹部を含むメンバーなど68人を殺害し、128人が投降したことを明らかにした。さらに「アブ・サヤフ」の拠点などから銃器156丁、手製爆弾10個などを押収したことも明らかにしている。 またNPAなどの共産勢力に対する作戦では2020年1月から12月までに201人を殺害し、7000人以上のメンバー、支援者が投降したとして、ドゥテルテ政権が進める国内治安対策が成果をあげていることを強調した。 こうした状況を受けて国軍のギルバート・イタリア・ガパイ参謀長は、ドゥテルテ大統領が掲げている大統領としての任期である2022年までに「共産勢力を一掃する」という公約が「実現に近づいている」と表明し、今後も作戦を継続することを強調した。 一方でBIFFに関しては、組織は弱体化していると伝えられるものの、12月3日にミンダナオ島中部マギンダナオ州ダトゥピアンにある軍施設を約50人のBIFFメンバーが襲撃、銃撃戦となった。駐車中の警察車両が放火されたものの幸いに犠牲者が出る前にBIFFが撤退したという事件がおきるなど依然として活動を続けている。 こうしたことからも今回のサウジアラビア人、アルシュヒバニ容疑者の逮捕は関係が深いとされるBIFFなどへの集中的な捜査の成果の一環とみられ、今後アルシュヒバニ容疑者への取り調べを通じて中東とフィリピンを結ぶ密航ルートの解明・摘発、さらにBIFFの壊滅作戦に結びつく情報が得られるものと治安当局は期待している。 [執筆者] 大塚智彦(フリージャーナリスト) 1957年東京生まれ。国学院大学文学部史学科卒、米ジョージワシントン大学大学院宗教学科中退。1984年毎日新聞社入社、長野支局、東京外信部防衛庁担当などを経てジャカルタ支局長。2000年産経新聞社入社、シンガポール支局長、社会部防衛省担当などを歴任。2014年からPan Asia News所属のフリーランス記者として東南アジアをフィールドに取材活動を続ける。著書に「アジアの中の自衛隊」(東洋経済新報社)、「民主国家への道、ジャカルタ報道2000日」(小学館)など