ubirajara jubatusという恐竜の化石を再分析したところ、これまで目にしたことのない特徴が明らかになりました。その特徴というのは、背中にかけて生えた長い毛皮のようなたてがみと、肩から2本ずつ突き出た棒状の構造物。科学者らは、このような凝った装飾は誇示行動に使われていたと語っています。