<ネット上ではトランプ支持者がトランプの「2度目の就任式」を呼び掛け、すでに6万人が参加を表明している> ドナルド・トランプ大統領支持者が、来年の1月20日にトランプの「大統領就任式」を企画している。そして、同日に行われるジョー・バイデン次期大統領の就任式のかわりに、このイベントに出席するよう呼び掛けている。 「ドナルド・J・トランプ2度目の就任式」と称するフェイスブックのオンラインイベントには、32万7000件を超える回答があり、うち6万人が参加を予定している。説明書きによると、同イベントはトランプを支持する私人が集まった草の根運動で、公的な組織とはいっさい関係ないと注意書きがある。英インディペンデント紙によれば、このイベントを企画したイリル・チャミとエヴィ・コカラリの2人は、トランプの2020年選挙対策本部で働いていた。 一方フェイスブックも、トランプが再選されたかのようなフェイクニュースを放置したと誤解されないために以下の断り書きを入れている。「次期大統領にはジョー・バイデンが選出された。2021年1月20日に第46代アメリカ大統領に就任するのはバイデンだ」 先の大統領選の勝者はバイデンであり、就任式まで1カ月を切っている。だがトランプはいまだに敗北を認めず、大規模な選挙不正があったという主張を続けている。ただし、このバーチャルイベントにトランプが出席するつもりかどうかは不明だ。 実際、トランプが慣例通りにバイデンの就任式に出席するかどうかはメディアの注目の的だ。11月にFOXビジネス・ネットワークにこの点を問われたホワイトハウスの大統領報道官ケイリー・マクナニーは次のように答えた。「それは1月の話で、まだずっと先のことだ。トランプ大統領は、自分が大統領になる、2期目がある、と信じている」 平和的な権力移譲の象徴なのに FOXビジネスの司会が、トランプがバイデンの就任式に出席しないとしたら「非常に印象が悪い」と述べると、マクナニーはこう言った。「大統領は自身の就任式に出席すると思う。実際、出席しなければならないだろう」 12月2日に行われたホワイトハウスでの記者会見で、トランプがバイデンの就任式に出席するか否かを改めて訊ねられたときは、「それについては、大統領自身の発表に委ねたい」とマクナニーは答えた。 元共和党下院議長のニュート・ギングリッチは12月22日、トランプは「おそらく」バイデンの就任式に出席するだろうと言う。「歴史上、後任大統領の就任式に出席しなかった現職大統領はごくわずかしかいない。ジョン・クインシー・アダムズは出席しなかった。1869年には共和党員たちが出席しなかった。だが(就任式出席は)慣例だ」とギングリッチはラジオ番組で話した。「トランプが出席しないのなら、理由を説明する必要があるだろう」 バイデン自身は、12月はじめにCNNに対し、トランプが就任式に出席し、権力移譲が平和的に行われたことを示すことが重要だ、と述べている。「権力移譲の手続きは重要だと思う。これはひとえに彼が決めるべきことであり、私個人にはなんの影響もない。だが、国のためにはそうすべきだ」 (翻訳:ガリレオ)