東京都は28日、都内で新たに481人の新型コロナウイルス陽性者が確認されたと発表した。これは先週21日の392人を抜いて月曜日としては過去最多となった。 この日確認された陽性者は年代別に、20代と30代が239人で約50%、40代と50代が合わせて141人で約29%、65歳以上の高齢者は50人で約10%を占めている。感染経路が不明な人は298人で全体の62%にのぼっている。 一方、都の基準で集計した重症者は前日より1人減って81人となっている。 これで12月に入って都内で確認された陽性者の合計は16,120人となっており、また累計では57,059人となった。 11月から顕著となってきた新型コロナウイルスの感染第3波は、感染経路として家庭内での感染がもっとも多くなっているほか、企業や飲食店などでもクラスターが発生し感染拡大防止が難しい状況になっている。 こうしたなか、PCR検査で陽性者が確認される陽性率が上昇しており、東京都の発表した25日の陽性率は8.2%と、緊急事態宣言解除後では最高になっている。また、医療提供体制のひっ迫を受けて自宅療養者が増加、25日から入院患者数を上回る状態が続いている。 東京都のPCR検査の陽性率 ===== 東京都・新型コロナウイルス陽性患者数 東京都・新型コロナウイルス新規陽性者・年代別内訳 現在の患者数 感染第3波以降の患者数の推移 東京都・新型コロナウイルス陽性患者数・累計 PCR検査等の結果