<2カ月にわたって公の場に姿を現さず、ツイッターも更新していないアリババ創業者に何が起こっているのかをめぐり、憶測が飛び交っている> 中国の電子商取引大手アリババと傘下の金融会社アント・グループの創業者である馬雲(ジャック・マー)が行方不明になっている──複数のメディアがこう報じたことを受けて、ソーシャルメディア上では、米在住の中国人不動産王が「マーは殺されるか収監される」と予想した動画が拡散されている。 500億ドルを超える純資産を保有し、かつては中国の富豪ランキングのトップに君臨したマーは、ここ2カ月ほど公の場所に姿を見せていない。審査員として出演もしていた起業家育成コンテスト番組「アフリカズ・ビジネス・ヒーローズ」も、11月に行われた最終回の収録には参加せず、代わりにアリババ幹部の彭蕾(ルーシー・ペン)が代役を務めた。 英フィナンシャル・タイムズ紙は、マーの番組降板は「スケジュールの調整がつかなかったため」と報道したが、同番組の最終回に出演したある起業家は、「中国ではジャック・マーの周辺で何かが起きているようで、代わりの人物(ペン)が出演した」と述べた。 金融規制の批判が原因か マーが「行方不明」になっていることには、彼が2020年10月に上海での演説で、中国の金融規制当局を「老人クラブ」と批判したことが関係しているのではないかと言われている。彼は上海の会合で、「現在の金融システムは産業化時代の遺物だ」と批判。「私たちは次の世代と若い人々のために、新しいシステムをつくらなければならない。現在のシステムの改革をすべきだ」と主張した。 そこで改めて注目されツイッター上で拡散されているのが、2019年9月に収録されたあるインタビュー動画だ。インタビューを受けているのは、中国指導部の汚職疑惑を暴露し、2014年に国外逃亡した不動産王の郭文貴。金融メディア「リアル・ビジョン」のインタビューで2019年9月にアリババの会長を退いたジャック・マーの今後について聞かれた郭は、「道は2つしかない」と指摘している。「中国の大富豪の末路は、収監か死。そのいずれかだ」と語った。インタビューを行ったカイル・バスはこう聞き返した。「つまりマーは刑務所に行くか、殺されるかだ、ということですね」 This aged well... https://t.co/qSbWMZuUWJ— Steve Saretsky (@SteveSaretsky) January 4, 2021 郭はさらに、アリババ傘下の民間金融会社アント・フィナンシャル(現在はアント・グループ)が中国政府にとって「大きな問題」を引き起こしていると指摘した。同社は中国の銀行制度に打撃をもたらしており、中国政府としてはアントを「なくしたい」のだと述べた。 ===== 実業家で投資家のジェイソン・カラカニスはツイッターにこの動画を投稿し、「これはわずか1年前のインタビューだ。ジャック・マーはどこに?」とコメントした。保険会社キュラセルの創業者ヘンリー・マスコットはこう書いた。「この人物は、ジャック・マーが中国共産党によって収監または殺害されるだろうと予想した。そして1年と少し経った今、マーは2カ月にわたって行方が分からない」 中国の規制当局は2020年12月、アリババについて独占禁止法違反の疑いで調査を開始した。(マーが上海で演説を行った直後の)11月には、世界最大のIPO(新規株式公開)になると予想されていたアント・グループのIPOも阻止した。 マーは2020年10月10日に、英ウィリアム王子をはじめとする世界の投資家たちと共に環境賞の「アースショット賞」に協力すると投稿して以来、ツイッターを更新していない。 ===== 【タイムライン】「消えたジャック・マー」の足跡 2020年10月 ジャック・マーは10月24日に上海で開催された公開討論会に出席。中国の金融システム規制を「老人クラブ」と呼んで中国の当局者たちの神経を逆なでしたものと思われる。 マーは、次のようにも述べた。「古い方法で未来を規制することはできない。中国にはシステミック・リスクはない。そもそも金融システムがないからだ。システムの欠如こそが(中国の)リスクだ」 2020年11月 10月のフォーラムの後、マーは中国の金融規制当局者たちから非公開(密室)の会合に呼び出しを受けた。その翌日の11月3日、当局は中国と香港で予定していたアント・グループのIPO(新規株式公開)を延期させた。 会合で何が議論されたのかは不明だが、ウォール・ストリート・ジャーナル紙によれば、アント・グループは、少なくとも344億ドルの調達が見込まれていたIPOに応募していた投資家たちに、応募資金を返金する計画だと述べた。上場予定時期のアント・グループの評価額は、3000億ドルを超えていた。 中国の当局者たちは、アント・グループが中国で独占的地位を築く可能性を懸念したとみられている。またマーの10月の発言も、事態を複雑にしたのではという憶測がある。 2020年12月 12月20日付のウォール・ストリート・ジャーナルは、マーが中国の規制当局に「国が必要とするなら」アント・グループの一部を譲渡すると申し出たと報じた。だが当局者たちはマーの申し出を退け、信用格付け事業の再編を要請し、さらに同社の一連の違反行為を摘発したと言われている。 アント・グループからの声明発表はあったものの、マーの姿が確認されることはなかった。同社は、規制当局からの要請に応えるために「調整」作業部会を設置しているところだと述べた。 12月27日、同社はCNBCに宛てた声明で次のように述べた。「当社は金融規制当局者たちの助言と手助けに感謝している。今回の調整はアント・グループにとって、事業基盤を強化し、規制を完全に順守しつつ成長を遂げていくための、そして引き続き社会の利益のため、小規模事業のための革新に重点を置いていくための機会である」 4日後の12月31日にはフィナンシャル・タイムズ紙が、マーが審査員として出演を予定していた起業家支援番組「アフリカズ・ビジネス・ヒーローズ」の最終回に参加しなかったと報じた。最終回の収録は11月だった。 マーは同番組の審査員ページ、および番組のPR動画の両方から削除された。 2021年1月 1月4日、アリババの広報担当者はロイターに対し、マーが同番組に参加しなかったのはスケジュールの調整がつかなかったためだと説明したが、それ以上のコメントは控えた。 ===== ■不動産王・郭文貴の予言 This aged well... https://t.co/qSbWMZuUWJ— Steve Saretsky (@SteveSaretsky) January 4, 2021