<時代に合わせてオリンピックにも次々と新しい競技が登場> 本来なら昨年、第32回オリンピック競技大会が東京にて行われるはずだった。しかし、コロナウイルスの世界的感染拡大で今年に延期された。しかしコロナの感染第3波で東京をはじめ首都圏では緊急事態宣言が再度発出されようとしており、東京五輪が無事に開催できるかどうか、世界が注目している。 一方、東京オリンピック・パラリンピックでは新たな競技が7種目も追加される点も関心を集めていた。日本で人気の高い「野球」や「空手」はもちろん、若者に人気のある「スケートボード」「サーフィン」。さらに、昨今ボルダリングが人気だが「スポーツクライミング」も新種目に追加されている。 さて、東京オリンピックもまだ開催前だが、先月7日IOC国際オリンピック委員会は、2024年パリ・オリンピックで追加される新競技の発表を行った。そこで高い関心を集めた新種目が「ブレイクダンス」だ。 ブレイクダンスは、1970年代アメリカのストリートから生まれたダンスで、ブレイキンやB-boyingとも呼ばれている。アクロバティックな技が次々と生み出され、ダンサー同士のダンスバトルなども行われている。 パリ・オリンピックでのブレイクダンスが新競技追加の決定に、世界中のダンサーたちは、金メダルへの闘志を燃やしている。お隣の国、韓国でもブレイクダンスは盛んなことで有名だ。2000年頃から世界大会進出などで上位に入賞するチームが増えているため、メダルも狙える競技の新種目追加に韓国民は沸き立っている ミュージカルなどエンタメにも 韓国ではブレイクダンスが大衆にも広く認知されている。2005年前後から、このブレイクダンス人気をエンターテイメントと融合させる動きも活発に行われてきた。若者と芸術の街であるホンデにはブレイクダンス専門劇場が登場し、世界で初めてブレイクダンスと、言葉を使わず動きや音だけでストーリーを展開し、外国人観光客にも対応したノンバーバル・パフォーマンス『クン!』を発表した。その他にも『ブレイクアウト』というブレイクダンスのコメディ舞台なども存在する。 そして、Bボーイとバレリーナの恋を描いたミュージカル『B-BOYに恋したバレリーナ』は、何度もリバイバル公演を繰り返し、なんと130カ国180万名の観客を動員しているという。世界水準のダンスはもちろん、ダンサーたちの演技も素晴らしく、さらに題材もいじめや疎外感など若者が共感する内容になっているのが成功の要因だろう。 ===== 自治体が世界大会を開催 ブレイクダンスがここまで人気となった背景として、韓国の自治体のサポートも忘れてはいけない。2007年からおととしまで毎年行われていたブレイクダンスの世界大会「R16Korea 」は、韓国観光公社と議政府市が主催し、韓国文化体育観光省が後援を行う政府公認的なブレイクダンス大会だった。 また富川市は、2012年より「ブレイクダンスのメッカ都市」と名乗り、ブレイクダンスイベントを開催してきた。2014年には全国大会を行い、2016年からは世界からブレイクダンスチームをゲストに招き、「BBIC」というブレイクダンス国際大会を大々的に開催している。 さらに、蔚山市では昨年10月から2年間ブレイクダンスチーム「カイクルー」を市の広報大使に任命した。今後は、市公認のイベントや、公式ユーチューブチャンネルに出演し活動していくという。 カイクルーは1999年から活動している15人組のブレイクダンスグループで、世界大会にも何度も出場している有名なチームの1つである。今回のパリ・オリンピックに選手として出場することにももちろん意欲的だという。 聴覚障がいありながらユース五輪でメダル獲得 パリ五輪出場を目指すキム・イェリ選手 ほかにもオリンピック出場に期待を寄せる選手がいる。キム・イェリ選手は聴覚障がい者でありながら、2018年ブエノスアイレス・ユース・オリンピックに出場し銅メダルを受賞したダンサーである。 キム・イェリ選手は、聴覚障がいがあることが原因で、もともといじめられっ子だったという。ところが、中学校1年生の時、学校で特技自慢大会があり在校生の前でダンスを踊ったことでいじめっ子たちからの視線が変わったそうだ。彼女は「ダンスがいじめを終わらせる突破口となった」と語っている。 耳に超小型補聴器を付けて踊っているが、ときには音が聞こえないこともあるそうで、そういうときは、相手チームが踊っているダンサーのリズムを目で見て、心の中で1.2.1.2.と音を刻み踊るのだという。聴覚障がいは、ダンサーにとってかなり不利な短所と言える。しかし、彼女はなぜそこまでしてダンスを続け、世界大会でも入賞できる強さを持っているのか。 キム・イェリ選手は、あるTVのインタビューで「女性はブレイクダンスが下手だ。聴覚障がい者には踊れない──そんな偏見に打ち勝ち、人の目を気にせずやりたい事をやるという道を私が拓きたい」と力強く語っていた。この使命感が彼女を後押ししているのかもしれない。 3年後のパリ・オリンピックでは、これまで「ブレイクダンス」を見たことなかった人も、ぜひ競技に注目して欲しい。そして、ここで紹介した韓国の選手の他に、日本や世界の素晴らしい選手たちの活躍に期待したい。 時代と共に様々なスポーツが入れ替わっている。それまであった競技が除外されることは少し寂しいが、それによって新しいスポーツに目を向けてみる良いきっかけになるかもしれない。 ===== 韓国では自治体が国際大会を開催 「ブレイクダンスのメッカ都市」をうたう富川市が開催しているブレイクダンス国際大会「BBIC」 부천시 문화예술 / YouTube 聴覚障がい者は踊れないという偏見を破りたい パリ五輪出場を目指すキム・イェリ選手 KBS News / YouTube