ツイッター社は8日、トランプのアカウントを永久に停止したと発表した。 ツイッター社は公式ブログの中で、「トランプによる最近の投稿内容を詳しく検討した結果、さらなる暴力を扇動する危険があると判断した」としている。 同社は今月6日、米議会議事堂にトランプ支持者が乱入して死者が出た事件について、トランプのツイートに重大な規約違反があったとして一時的にアカウントを停止。さらなる規約違反があれば永久にアカウントを停止すると警告していた。 今回のアカウント永久停止についてツイッター社は、8日にトランプが出した以下の2つのツイート 「私に投票した7500万人の偉大なアメリカの愛国者、"AMERICA FIRST"、そして"MAKE AMERICA GREAT AGAIN"は、長い将来にわたって巨大な声を上げるだろう。いかなる形でも、軽視されたり、不当に扱われたりすることはない!!!」 「質問してくれたすべての人に、私は1月20日の就任式に行くつもりはない」が、6日に議事堂で発生した暴力行為を再現するように他の人を刺激する可能性があると判断したとしている。