<女子中高生向けIT教育などを手掛け、起業家として活躍するWaffleの田中沙弥果CEOだが、新卒入社した会社を辞め、再就職もできず苦しんだ時期もあった。そんな彼女には「人生を作る1冊」になった、20歳の時に出合った本があるという> 田中沙弥果(さやか)さんには、20歳の時から、ずっと読み続けている本がある。スタンフォード大学工学部教授のティナ・シーリグによる『20歳のときに知っておきたかったこと――スタンフォード大学集中講義』(CCCメディアハウス、2010年刊行)だ。 一般社団法人WaffleのCo-Founder/CEOである田中さんは、世界を変える30歳未満の日本人30人をForbes JAPAN誌が表彰する「30 UNDER 30 JAPAN 2020」に選出された起業家。IT分野のジェンダーギャップを埋めるべく、女子中高生向けのIT教育や政策提言を実施している彼女にとって、その本はまさに「人生を作る1冊」になったという。 新卒で入社した会社を1カ月で辞めた。その後、アメリカでティナ・シーリグ本人に会い、今は起業家として活躍している。そんな田中さんは『20歳のときに知っておきたかったこと』のどこに魅力を感じたのか――。 このたび、30万部ベストセラーの同書を大幅に増補した『新版 20歳のときに知っておきたかったこと――スタンフォード大学集中講義』(CCCメディアハウス)が刊行されたのを機に、話を聞いた。 20歳の時の夢は、スタンフォード大学に通うこと それまではあまり本を読む習慣はなかったんですけれど、たまたま通りかかった本屋で『20歳のときに知っておきたかったこと』というタイトルを目にして。ちょうど大学生で20歳だったので、どんなことが書いてあるのかちょっと知っておきたいなと思って、手に取りました。 大阪府内の大学に通っていた当時の夢は、JICA(国際協力機構)で働くこと。貧困や難民の問題について学んでいたことから、グローバルな視点で社会課題を解決する仕事に就きたいと、漠然と考えていた。そんな彼女はこの本を読んだことで、スタンフォード大学に行きたいと思うようになったという。 冒頭で「2時間あげるから、元手の5ドルを増やす方法を考えてください」という課題をどう解決していくのかのエピソードが紹介されているのですが、それを読んで「世の中にはこんな教育があったんだ!」とワクワクしました。そして、実験的に価値を最大化する体験や、創造性や行動力でチャンスを広げていく教育に魅了されて、スタンフォード大学に行きたいと思い始めたんです。でも、どうしたら行けるか分からなかったので、このときは「自分には無理だ」と思って諦めてしまった。 2013年に田中さんは、アメリカの大学への憧れからスタンフォードではない別の大学に留学する。そしてそこで目にしたものを機に、テクノロジーに関わる仕事をしたいと考えるようになった。 ===== テキサス州のオースティンにある大学で、パブリックスピーキングやコミュニケーション学を学んでいたのですが、実際の授業よりも学外で起きていることに大きく影響を受けました。オースティンはオラクルの本社が移転したりと、ポスト・シリコンバレーとして注目されている街なのですが、ここでは毎年「サウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)」という、音楽祭や映画祭、インタラクティブ・フェスティバルを組み合わせたイベントが開催されています。期間中には地元のカフェにIT企業のブースが設置されたりと、街中でテクノロジーを体験できるのですが、SXSWに触れたことで「テクノロジー業界で働きたい」と思うようになりました。日本からは大手電機メーカーと広告代理店が出展していたのですが、有名大学に通っていたわけではないし、就活のためのインターンやアルバイトなどもしていなかったので、人気企業に入社するのはハードルが高いなと。でも、とにかくマスコミ業界に行けば少しでも夢に近付けるのではと思い、何とかテレビ番組の制作会社に入りました。 ティナさんに会いたいから、分割払いでアメリカへ 夢と希望を持って上京した田中さんだが、そのテレビ番組の制作会社をわずか1カ月で辞めてしまう。徒弟制度の残る業界ならではの古い体質に「これは絶対に違う」と思い、悩む間もなく荷物をまとめて大阪に戻ったのだ。 その後しばらくは何をしようかと模索していたが、ある日「研修でシリコンバレーとスタンフォード大学に行ける」という、願ってもいないチャンスが訪れた。 1カ月で会社を辞めてしまうと、その後の再就職はとても難しい。だから起業しようと考えるようになり、大阪市が運営している起業家育成拠点の「大阪イノベーションハブ」に行き着いたのですが、そこが当時、シリコンバレーのツアーを実施していました。研修の中にはスタンフォード大学に行くプログラムもあったので、「だったら、ティナ・シーリグさんに会いたい!」と思ったんです。そこで、ティナさんに「あなたの本にインスパイアされて、今度大阪からスタンフォード大学に行くのですが、授業を見せてくれませんか」とメールをしました。そうしたら「この日のこの時間に来てください」という返事をいただいた。だから絶対に行くと決めたものの、お金がなかったので分割払いで参加しました(笑)。 現地で研修から1人外れて、指定された日にスタンフォード大学の教室に向かった田中さんは、ティナ・シーリグの授業に参加しただけでなく、実際に話をすることもできた。その経験は彼女にとって「めちゃくちゃ大きいもの」となり、その時に撮ったツーショット写真は今でも宝物だ。 ===== ティナさんに会って感じたのは、もちろん運がいいというのもありますが、「これは自分が引き寄せた結果だ」ということ。20歳の時に漠然と憧れていたスタンフォード大学に行きたい気持ちは、勝手に諦めていたのだということにも気づきました。でもティナさんに会ったことで、この本(新版)の第8章にある「幸運とは、小さな選択やささいな行動の積み重ねで、毎日少しずつ向上した結果、長期的に成功する確率が上がったこと」というのを実感したんです。身近なチャンスをひとつひとつモノにして、可能性を広げていけば、できることがどんどん広がって目標に近付けるのだと思えるようになりました。だって、憧れのティナさんに会って、話をすることができたのだから。仕事も辞めて自信をなくしかけていた私にとって、自分が幸運を引き寄せられる人間だと確信し、自信を取り戻すきっかけとなりました。 夢がかなった自分を「運がいい」と言うが、「会いたい」とメールをして、何とかお金を工面してまでアメリカに行く覚悟があったから、憧れの人を引き寄せられたのだろう。 帰国後は研修を通して出合った、テクノロジー業界における女性のエンパワーメントグループを日本に導入する取り組みを始める。IT業界における女性の割合が少ないことへの問題意識を、仕事に結び付けたのだ。 日本のIT業界に女性の割合がとても少ないせいか、女性エンジニアのコミュニティはあっても法人としてのエンパワーメント組織がないことを知っていたので、「なんでやらないのだろう?」とずっと疑問に思っていました。でも経験とスキルが少なく、いま起業しても(成功までに)時間がかかると思ったので、まずは女性に限定せず広くエンパワーメントしている組織である「みんなのコード」で仕事をしながら、起業を目指すことにしました。 田中沙弥果/1991年生まれ、大阪府富田林市出身。2017年NPO法人みんなのコード入職。全国20都市以上の教育委員会と連携し、学校の先生がプログラミング教育を実施するための支援事業を推進。2019年に一般社団法人Waffle設立。IT分野のジェンダー格差を埋めるために、進路選択前の女子中高生向けIT教育や政策提言を実施している。情報経営イノベーション専門職大学客員教員 幸運を呼び込む方法が書かれた第8章が好き 「みんなのコード」とは、企業・行政と協力しながら公教育でのプログラミング教育を推進するNPOで、全国の学校現場の先生たちを支援している。 田中さんはプログラミング教育の重要性を訴えるシンポジウムの運営などに関わってきた。そんな中で、とりわけ女子中高生に向けたIT教育に力を入れていきたいと思い、より強く起業を考えるようになったという。 学校の先生を通じて取り組むよりも、もっとダイレクトに女子中高生をターゲットにするほうがいいのでは、という思いが日々募っていきました。でも株式会社だったら子会社設立という流れになると思うんですが、NPOにはそのような仕組みがない。そこで、「みんなのコード」代表の利根川裕太氏にも相談に乗ってもらい、別の団体(Waffle)を立ち上げることにしたんです。彼には立ち上げた団体の理事も務めてもらっていて、感謝しかありません。 ===== 初めてこの本を手に取ってから約10年がたった今も、書かれていることを意図的に実践していると話す田中さん。そうすることで2020年は、思ってもいなかったチャンスに恵まれたと教えてくれた。 Waffleは女子中高生向けの IT教室と政策提言を進めているのですが、2020年に入ってユース団体と一緒に政府に直接、政策提言をする機会が訪れたんです。SNSで流れてきた「#男女共同参画ってなんですか」というプロジェクトの「男女共同参画基本計画素案への、ユースからのパブリックコメントを募集しています」というつぶやきがきっかけで、ユース団体の皆さんと橋本聖子大臣に直接声を届ける機会を頂きました。でもそれは政策提言をしたいという気持ちからではなく、つぶやきに対して「何かできることがあったら協力します」という、ギブの気持ちを示したことで実現したんです。この本(新版)で、第8章「レモネードがヘリコプターに化ける」の中の、幸運を自分で呼び込むための方法が紹介されている部分がすごく好きなのですが、その中に「他者との有意義な関係がチャンスを呼び込む」と書かれていて。まさにその通りになったと実感しています。 田中さんは現在、IT教育だけでなく、「社会課題をモバイルアプリで解決しよう」をテーマにしたアプリコンペ「Technovation Girls」をはじめ、次世代の女性IT起業家を育成するために、より踏み込んだアプローチを始めている。 老若男女を問わずスマホを持ち、AIやIoT(モノのインターネット)が浸透しつつある時代の中、リーダーシップと起業家精神、ITスキルで可能性を解き放つ女性たちを育成していくことが目標だ。 私はテレビ番組の制作会社を1カ月で辞めた後、再就職もできず、自分が思い描くようなキャリアを築けませんでした。それでも「起業して社会に影響を与えられる人間になるのだ」という夢を、絶対に諦めなかった。諦めなかったことで、起業してわずか1年でForbes JAPANから選出され、日本政府主催の「ジャパンSDGsアワード」も受賞できた。今後は経済的格差や機会の格差を埋めるために、学校や自治体との連携を図っていくつもりです。これからも『20歳のときに知っておきたかったこと』から学んだことを胸に刻み、日々邁進していきます。 『新版 20歳のときに知っておきたかったこと ――スタンフォード大学集中講義』 ティナ・シーリグ 著 高遠裕子 訳 三ツ松新 解説 CCCメディアハウス (※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)