東京都は10日、都内で新たに1494人の新型コロナウイルス陽性者が確認されたと発表した。7日から3日連続で2000人を超えていたところから大きく減少したものの、日曜日としては過去最多、初めて1,000人を超える形となった。 この日確認された陽性者の内訳は、 10歳未満:39人(約3%) 10代:104人(約7%) 20代:403人(約27%) 30代:261人(約17%) 40代:236人(約16%) 50代:201人(約13%) 60代:105人(約7%) 70代:69人(約5%) 80代:50人(約3%) 90代:25人(約2%) 100歳以上1人(約0.07%) となっている。また65歳以上の高齢者は182人となっており、全体の12%を占めている。 また、重症者は前日の129人に対して1人少ない128人となっている。 これで1月に入って都内で確認された陽性者の合計は12,499人。また累計では74,944人となった。 医療体制がひっ迫、自宅療養者と入院・療養等調整中が急増 感染拡大は、PCR検査で陽性者が確認される陽性率にも表れている。7日間移動平均値による陽性率は14.9%と、緊急事態宣言解除後としては最高になっている。また、医療提供体制のひっ迫を受けて自宅療養者と入院・療養等調整中が増加。それぞれ約7,000人、合計で13,939人となっている。 これらの人びとの体調確認などに保健所が忙殺されることで、新規陽性者の感染経路を追い切れず、さらなる新規陽性者が増加するという悪循環が生じている。 自宅療養者と入院・療養等調整中が増加、合計で13,939人となった。 ===== 東京都・新型コロナウイルス陽性患者数 東京都・新型コロナウイルス新規陽性者・年代別内訳 現在の患者数 感染第3波以降の各曜日別の新規陽性者の推移 感染第3波以降の患者数の推移 東京都・新型コロナウイルス陽性患者数・累計 PCR検査等の結果