<ロシアが、米議会襲撃などアメリカの政権交代に伴う混乱に乗じたプロパガンダ作戦を開始> ロシアの外交官たちは、ロシアにより敵対的なスタンスをとるとみられるジョー・バイデン政権の誕生を目前に控え、また1月17日にロシアに帰国した反体制活動家のアレクセイ・ナワリヌイが即座に身柄を拘束されたことで国際社会からの非難にさらされて、米国内の混乱に形勢逆転のきっかけを掴もうとしている。 ドナルド・トランプ米大統領が大統領選での敗北を認めず、1月6日には遂にトランプ支持者が連邦議会議事堂を襲撃する歴史的大事件に至ったことを、アメリカと敵対する者たちはアメリカの民主主義の「凋落」だと嬉々として見物し、利用機会を探している。 ニセ情報の拡散や大衆扇動といえばそれこそお家芸ともいえるロシアの外交官たちは、バイデンの大統領就任を待たずに攻勢に出た。 ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は17日、バイデン次期政権下で迫害されることを恐れるトランプの支持者たちから、ロシアの市民権を取得したいという問い合わせがあると語った。発言の背景には、米国内の政治的対立を煽る狙いがあるとみられる。 議会議事堂乱入事件で悪いのは「アメリカの民主主義」 国営タス通信によれば、ザハロワはロシア第1チャンネルのインタビューの中で、「ソーシャルネットワーク経由で私の元に寄せられるコメントで最も多いのは、ロシアの市民権を取得するにはどうすればいいか、という質問だ」と述べた。自分に連絡してくるのは主に共和党の支持者だと彼女は言い、彼らはバイデンからどんな扱いを受けるのかを恐れていると主張した。 ザハロワは6日の議事堂襲撃事件の翌日、悪いのは選挙結果を覆そうとした極右のトランプ支持者ではなく、アメリカの民主主義だと批判した。「アメリカの選挙制度が古く、現代社会の民主主義の基準に合っていないことが、さまざまな不正の余地を生んでいる。そしてアメリカのメディアは、権力闘争の道具と化している」と彼女は語っていた。 自分たちが迫害されるのではないかというトランプ支持者たちの恐怖は、ツイッターやフェイスブックなどの主要なソーシャルメディアが事件後、トランプや過激な活動家たちのアカウントを凍結したことや、議会議事堂に乱入した者たちが次々に逮捕・訴追される様子から、ますます強まっているという。 ===== 迫害を恐れてアメリカからロシアに逃れた人物といえば、最も有名なのがエドワード・スノーデンだ。スノーデンは米国家安全保障局(NSA)による違法な大規模監視システムの詳細を記した機密文書を暴露した後、米政府の訴追を逃れるためにロシアに亡命した。スノーデンをかくまったプーチンは、ロシアを「権威主義や政府の権力乱用と闘う者たちの避難所」とアピールすることに成功した。 しかしロシアは決して、言論や政治的活動の自由が保障されている場所ではない。ウラジーミル・プーチン大統領率いるロシア政府は近年、インターネットの規制を大幅に強化して、反体制派の検閲や政府に批判的なサイトの遮断を行ってきた。プーチンによる独裁体制を声高に批判するジャーナリストや活動家は、嫌がらせを受けたり収監されたりしてきた。殺害された者もいる。 17日のナワリヌイの一件も然りだ。反体制派指導者のナワリヌイは、2020年8月の暗殺未遂事件後に療養していたドイツからロシアに帰国した直後に、ロシア当局に身柄を拘束された。 民主主義の「祝賀は終わった」 バイデン次期政権の国家安全保障担当大統領補佐官に就くジェイク・サリバンは、ナワリヌイの身柄拘束を強く非難。「直ちにナワリヌイを釈放すべきであり、彼の命を狙った凶悪事件の犯人は責任を問われるべきだ」とツイッターに投稿した。サリバンはさらに、ナワリヌイに対する執拗な攻撃は「人権侵害にあたるだけではなく、声を聞いてもらいたいロシアの人々への侮辱だ」と批判した。 ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は18日、国際社会の怒りは「ポーズ」だと一蹴。ナワリヌイの身柄拘束はアメリカにとって、国内の対立から国民の注意を逸らす恰好の材料だろうと述べた。 ラブロフはモスクワで開いた記者会見で、西側諸国の政治家が「ナワリヌイのロシア帰国のニュースに嬉々として飛びついた」と皮肉った。「西側諸国の政治家たちはこの問題を批判することで、リベラルな発展モデルが直面している深刻な危機から国民の注意を逸らすことができると考えているようだ」 プーチンの熱心な支持者たちは、米議事堂襲撃事件をこぞって批判した。ロシア下院外交委員長のコンスタンティン・コサチョフはフェイスブックに「民主主義の祝賀は終わった」と投稿。世界の民主主義の手本を自認してきたアメリカの主張はくじかれたと主張した。