2014年11月14日。地球から5億7000万光年離れた銀河からひときわ眩い閃光がほとばしりました。超新星爆発だろうと当初は思われていたのですが…、超新星爆発ではなく、ブラックホールが星を咀嚼している姿だったというのです。