<陰謀論者は常に外れた予言を都合よく無視するので、Qアノンもそう簡単になくならないという専門家の声も> ドナルド・トランプ前米大統領を支持してきた陰謀論集団「Qアノン」は、1月20日にジョー・バイデンが無事第46代米大統領に就任したことに落胆している。 謎の陰謀論者「Q」を信奉するQアノンのフォロワーたちはこの数週間、バイデンの大統領就任によって「大覚醒」が訪れると信じてきた。「大覚醒」とは、トランプが遂に、アメリカを陰で操る「ディープステート(闇の政府)」や児童買春集団の世界的ネットワークを暴露し、2期目の続投を決める日のことだ。 だがバイデンの大統領就任式が何事もなく終了したことで、一部の信奉者は「騙された」と感じ、失望している。 インターネット上にあるQアノンの複数のチャットルームには、大覚醒が実現しなかったことについて「悲しいし混乱している」という書き込みや、トランプが自分たちを「裏切った」と憤りをあらわす書き込みが寄せられた。 ある人物は「全てが終わったが、まったく納得できない」と投稿。そのほかの複数の人物は、Qアノンはもう「終わった」として、仲間たちに「目を覚ます」ように促した。また別のQアノン信奉者は暗号化メッセージアプリ「テレグラム」上にあるQアノンのチャンネルに「我々がみんなもて遊ばれたなんて納得できない」と書き込んだ。 わずかな希望にしがみつく者も 「Q」本人ではないかと囁かれてきたロン・ワトキンスまでもが、20日にテレグラムにQアノンの投稿の「管理者」を退くと投稿。信奉者たちに「自分たちの生活に戻る」よう促した。 「新しい大統領が就任した。合衆国憲法を尊重するのが、私たちの市民としての責務だ」とワトキンスは書き込み、こう続けた。「この数年間でできた全ての友人や、共に築いてきた幸せな思い出を忘れないで欲しい」 しかし中には、わずかな希望にしがみつこうとする者もおり、彼らは仲間の「アノン」たちに、踏みとどまって今後の(不確実な)展開を待とうと呼びかけた。 「あと数時間、あるいはあと数日踏みとどまろう。もしかしたら彼らには秘密の切り札があって、大覚醒を金曜日まで延ばせるのかもしれない」とある人物は投稿した。「いい加減な情報や否定的な情報で落ち込むべきじゃない」 バイデンが就任宣誓を行った直後、Qアノンのインフルエンサーとして知られる@MajorPatriotは複数のツイートを投稿(その後、彼のアカウントは停止された)。「私たちは今テレビで、アメリカ史上最大の罪が犯される瞬間を目の当たりにした」と書き込み、陰謀論を支持し続けていることを明らかにした。 ===== テレグラム上では、バイデンの就任も最初から計画の一部だったのだという主張を展開しようと試みる者もいる。ある人物はQアノンのチャンネルに「考えれば考えるほど、バイデンこそが『計画を実行する人物』なのではないかと思えてくる」と書き込んだ。 複数の専門家は以前、本誌に対して、陰謀論の熱烈な支持者は決して諦めず、新たな状況に合わせて考え方を変えていく可能性が高いと指摘していた。マサチューセッツ大学アマースト校のイーサン・ザッカーマン准教授(公共政策、コミュニケーションおよび情報学)は、「バイデンが大統領に就任することでQアノンがいなくなることを願っているが、陰謀論とはそういうものではない」と語った。 ラトガーズ大学ジャーナリズムおよびメディア学部の准教授で『陰謀のパニック:政治的合理性と大衆文化』の著者であるジャック・Z・ブラティッチは、こう説明した。「陰謀論の根底にあるのは過激な精神的・宗教的な運動だ。予測が現実にならなかったとしても、論調を維持する方法は必ずある。Qが最初に投稿した予測(ヒラリー・クリントンが逮捕されるだろうという予測)だって外れている」 1月6日に連邦議会議事堂の乱入事件が発生したことから、首都ワシントンには厳戒態勢が敷かれ、20日のバイデン就任式典はとどこおりなく終了した。トランプは式典への出席を拒み、フロリダ州パームビーチにある別荘へと向かった。 バイデンは就任演説の中で、トランプの支持者に「私たちはアメリカ合衆国として(結束して)、この瞬間に立ち向かわなければならない。そうすれば、絶対に失敗しない」と語りかけ、こう続けた。「私を支持しなかった人々のためにも、支持してくれた人々のためにも、同じように懸命に闘うと約束する」