「ヨーロッパレベルで連携して回遊魚の保護計画を立てなければ、手遅れになるかもしれません」と、研究者が懸念しています。