<韓国の女優でモデルのソン・ユジョンが先週末亡くなった。事務所は死因を明らかにしていないが、生前は悩みを口にしていた> 韓国の女優でモデルのソン・ユジュンが2021年1月23日に26歳で亡くなったことが、所属事務所サブライム・アーティスト・エージェンシーの声明で確認された。 声明では次のように述べられている。「女優のソン・ユジュンは2021年1月23日にこの世を去りました。遺族の意向に従い、葬儀は静かに執り行われました。出棺は1月25日です」 ニュースメディア「yclick.co.kr」によると、事務所は死因を明らかにしていない。 聯合ニュースによれば、葬儀は1月23日に首都ソウル江南区にあるソウル医療院江南分院が執り行われた。 ソン・ユジュンの親しい友人は韓国ニュースサイトOsenに対し、匿名でこう語った。「彼女がどのような悩みを抱えていたのかはまったくわからない」 友人は次のように指摘した。「芸能界デビューしてからかなり経っているのに、思ったほど活躍ができていないと苦しんでいた。以前は、生きていく難しさについても口にしていた」 「待つ時間も必要だと思う」 yclick.co.krによると、ソン・ユジュンは2019年に地元メディアのインタビューに応じた際に、演技の幅を広げるという課題や、自分に限界を感じていることについて話したという。「与えられた役で全力を尽くしてきた」とも言ったという。 この投稿をInstagramで見る 송유정(@u_jjooung)がシェアした投稿 さらに、女優として何としてでも成功したいという決意を込めてこう語った。「こうして待つ時間も、私には必要なのだと思う」 ソン・ユジュンは、2013年に韓国のテレビドラマ『黄金の虹』で女優デビューした。ほかのドラマ出演作には、『願いを言ってみて』、『学校2017』のほか、オンラインドラマシリーズ『私の名前に』などがある。KポップグループのiKON(アイコン)が歌う「別れの道」のミュージックビデオにも出演した。 2019年には、アカデミー賞国際長編映画賞を受賞した韓国映画『パラサイト 半地下の家族』の主演俳優ソン・ガンホも所属するサブライムと専属契約を結んだ。化粧品やコーヒー、家電の広告にも出演してきた。 事務所は次のように彼女を追悼した。 「ソン・ユジュンは、明るい笑顔でいつも喜びを与えてくれた、私たちの友人でした。演技への強い情熱を持った素晴らしい女優でもありました。彼女が暖かい場所で安らかに眠れるよう、冥福を祈ってくださるようお願いいたします」 (翻訳:ガリレオ) ===== この投稿をInstagramで見る 송유정(@u_jjooung)がシェアした投稿 この投稿をInstagramで見る 송유정(@u_jjooung)がシェアした投稿