映像コンテンツのおおくで当たり前となったCG合成。最近は映像技術が発達、「撮ってからCG合成」ではなく「CGをバックに撮る」という手法が現れました。