<咳や倦怠感などの典型的な症状がより出やすい一方で、味覚や嗅覚の異常はより少ないようだとの調査結果を発表> 英国家統計局(ONS)は、イギリスで確認された新型コロナウイルス変異種「B.1.1.7」についての調査結果を発表。それによると、同変異種に感染した人は、同ウイルスのそのほかの種の感染者よりも咳や倦怠感、筋肉痛や喉の痛みといった症状が出やすく、一方で味覚や嗅覚の異常を訴える傾向はやや弱いということだ。 B.1.1.7変異種は2020年9月に英南東部で初めて確認された後、年末に向けて同国内に拡大。現在は世界の複数の国と、アメリカの20以上の州でも確認されている。 この変異種は、従来型のウイルスに比べて感染力が約50~70%高いとされている。また最近明らかになった複数の証拠から、ほかの型に比べて感染者の死亡率がより高い可能性が示唆されている(とはいえ、この仮説を裏付ける十分なデータはまだない)。 英国家統計局の調査は、イングランドで2020年11月15日から2021年1月16日にかけて、検査で陽性反応が出た感染者の中から、無作為に選んだ6000人を対象に実施された。研究者たちは感染者に、検査を受ける前の7日間になんらかの症状があったかどうか、および直近の7日間にCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)と共通する症状があったかどうかを尋ねた。 胃腸症状や頭痛については差がなかった 調査では、症状を以下のグループに分類した。 1.なんらかの症状:具体的な症状は挙げていないが、感染者がCOVID-19と共通する症状を含むなんらかの症状を訴えた 2.典型的な症状:咳、発熱、息切れ、味覚や嗅覚の異常 3.胃腸症状:腹痛、吐き気、嘔吐や下痢 4.味覚または嗅覚の異常のみ その結果、変異種の感染者とそれ以外の感染者の最も大きな違いとして、変異種の感染者の方が咳やのどの痛み、倦怠感や筋肉痛を訴える傾向が強いことが分かった。 研究者たちは報告書に、「イギリスで確認された変異種に感染した人は、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)でみられる典型的な症状をはじめ、なんらかの症状を訴える傾向がより強かった」と書いている。一方で味覚や嗅覚の異常を訴えるケースはより少なく、胃腸症状や息切れ、頭痛を訴える感染者の割合については、従来型ウイルスの感染者との差を示す証拠はなかったという。 変異種に感染した人のうち35%が咳の症状、32%が倦怠感、25%が筋肉痛などの痛み、21.8%がのどの痛みを報告した。 これに対して、そのほかの型に感染した人では28%が咳の症状、29%が倦怠感、21%が筋肉痛などの痛み、19%がのどの痛みを報告した。 また変異種の感染者のうち16%が味覚障害、15%が嗅覚障害を経験したと報告。これはほかの型の感染者(18%が味覚および嗅覚の異常を報告)よりもやや少ない割合だった。 ===== 研究者たちは、今回の調査結果は暫定的なものであり、再検証が必要だと指摘。また調査結果は専門家による診断ではなく、感染者の自己申告に基づくものだとも強調した。 英ウォーリック大学教授(分子腫瘍学)でウイルス学者のローレンス・ヤングは声明の中で、理論上、B.1.1.7変異種の遺伝子変異が、COVID-19に関連のある症状に影響を及ぼす可能性があると述べた。 「この変異種は従来型に比べて感染力が高く、ウイルス量が多い、つまり増殖力がより高いようだ。そのため体内でより広い範囲に感染が拡大し、従来型よりも咳や筋肉痛、倦怠感などの症状が出やすくなる可能性がある」とヤングは指摘し、さらにこう続けた。 「この変異種は、元のウイルスに比べて23カ所で変異が生じている。その変異の一部が感染者の体の免疫反応に影響を及ぼし、また感染にともなう幅広い症状に影響を及ぼす可能性がある」