<ロシア外務省は「あからさまな国内問題への干渉」と反発> ロシアで反政府活動家アレクセイ・ナワリヌイの拘束に抗議する集会やデモが各地で起き、1日で約5000人が逮捕された問題で、アメリカ政府は1月31日、「平和的な抗議運動の参加者」への支持を表明するとともに、逮捕者の即時釈放を求めた。 アメリカのアントニー・ブリンケン国務長官はロシア政府に対し、各地で起きたナワリヌイ支持者のデモに対する厳しい締めつけや取り締まりをやめるよう求めた。 「アメリカはロシア当局が平和的な抗議運動の参加者やジャーナリストに対し、2週間にわたり過酷な戦術を取り続けていることを強く非難する」とブリンケンは31日、ツイッターで述べた。「改めてロシアに対し、人権を行使したために逮捕されたアレクセイ・ナワリヌイを始めとする人々の釈放を求める」 ナワリヌイはロシアのウラジーミル・プーチン大統領批判の急先鋒で、反政府勢力の指導者だ。昨年8月に何者かに毒物を盛られてドイツで療養していたが、1月17日に帰国。その直後に逮捕された。彼は自分に毒を盛ったのはロシア政府だと主張している。 だがロシア外務省はブリンケンの発言は「ロシアの国内問題への露骨な干渉」だと反論。また、デモ隊を支持することでモスクワ情勢の不安定化を狙っているとアメリカ政府を非難した。 電話首脳会談でもロシアを非難 「ロシアの国内問題に対するアメリカの露骨な干渉は、アメリカ政府の支配下にあるインターネット・プラットフォームによるフェイクニュースの『拡散』や無許可の行動の呼びかけと同様に間違いのない真実だ」とロシア外務省は31日朝、フェイスブックの公式ページに投稿した。「ブリンケン米国務長官が違法行為を支持したことは、アメリカ政府が背後で果たしている役割のさらなる証拠だ」 ロシア外務省は、1月6日に米連邦議会にドナルド・トランプ大統領(当時)の支持者が乱入し、5人が死亡した事件にも遠回しに触れた。また、アメリカを始めとする西側諸国の政府が自国の利益のために「ロシアを振り回し、混乱させている」ことを示すとする文書も投稿した。 ホワイトハウスのジェニファー・サキ報道官によれば、ジョー・バイデン大統領は26日に行ったプーチンとの電話会談で、ナワリヌイの釈放を求めたという。この会談は両首脳の「透明性と堅実なコミュニケーションを推進し続けること」を目的に行われた。プーチンはオバマ政権下で結ばれた新戦略兵器削減条約の5年間の延長に合意。バイデンはウクライナへのアメリカの支持を改めて示した。 また、電話会談でバイデンはナワリヌイの毒殺未遂事件についてプーチンを非難したとも伝えられている。ただしプーチンがどう反応したかは明らかになっていない。 ナワリヌイが率いる汚職追及団体は1月19日、プーチンが所有しているとされる「秘密の宮殿」と巨大な富に関するビデオを公開。再生回数は1億回を超えている。 ===== ■反政府派が「プーチンの宮殿」として公開した動画