<毒殺されかけ、ロシア帰国後に逮捕された反政府活動家ナワリヌイの釈放を求めて、何万もの市民が抗議デモを行っている。しかし、それがプーチン独裁の終焉につながる可能性は極めて低い> 厳寒のロシアで、何万もの市民が街頭に繰り出した。去る1月23日のこと、反政府派の著名活動家アレクセイ・ナワリヌイの即時釈放を求める抗議デモだった。 ナワリヌイは5カ月前、化学兵器に使われる神経剤ノビチョクで毒殺されかけ、ドイツで治療を受けていたが、1月17日に帰国した途端に逮捕された。今は首都モスクワ市内に収監されており、この先も不当な裁判で長期にわたり拘束が続く可能性がある。 ナワリヌイは自ら設立した「反腐敗財団」を通じて政財界の不正を次々と暴き、政権批判の旗を振ってきた。彼の逮捕後、同財団はウラジーミル・プーチン大統領の所有とされる豪邸の動画をネット上で公開した。その直前にも腐敗の根源だとするロシア国籍者8人の名前を公表し、経済制裁の対象に加えるよう西側諸国に求めている。 プーチンとその取り巻きが私腹を肥やし、そのせいで苦しい生活を強いられている国民に不満がたまっているのは周知の事実。だからこそ大規模な街頭デモも起きる。 しかし、それが民主的な革命やプーチン独裁の終焉につながると思うのは間違いだ。勇気あるナワリヌイの行動が国民のプーチン離れを加速する効果は期待できるが、直ちに体制転覆につながるとは思えない。なぜか。ナワリヌイは庶民レベルでこそ人気があるが、ロシア社会のエリート層には全国レベルでも地域レベルでも支持されていないからだ。そもそもナワリヌイの腐敗撲滅運動自体が、エリート層を標的にしている。 がんじがらめの体制 民主的革命を成就させるには、エリート層の内部にも仲間が必要だ。ロシアの歴史、そしてジョージアやウクライナといった周辺諸国における最近の民主革命を見れば分かる。2003年のジョージア、2014年のウクライナにおける政権交代は、いずれも体制内の亀裂に助けられていた。 ジョージアでは、当時の大統領エドアルド・シェワルナゼの求心力に衰えが見え、与党の幹部多数が野党にくら替えしていた。その代表格が2001年まで司法相だったミハイル・サーカシビリで、デモ隊による議会突入の先頭に立った。ウクライナも似たようなもので、当時の大統領ビクトル・ヤヌコビッチはエリート層から見放されていた。 そしてシェワルナゼもヤヌコビッチも、頼みの綱となる強力な治安部隊を持っていなかった。どちらの国の軍隊も徴兵制で、お世辞にも精鋭とは言えなかった。そして政治に口を出さないのが自分たちの生きる道と心得ていた。 ===== ロシアに帰国するための航空便に搭乗したナワリヌイ POLINA IVANOVA-REUTERS ロシアは、そしてプーチン体制はレベルが違う。歴史的に、ロシアでは権力と権威が一体化している。権力者の権威を高めるために、あまたの国家機関が総動員される。その主力は、ロシアで言えば内務省(の管轄する警察)と連邦政府の軍隊、そして権力に忠実な治安部隊だ。 これらの機関をはじめとする強大な官僚機構と政治制度に対する支配力を保つため、権力者は「アメとムチ」を駆使して部下の服従と忠誠を確保する。帝政ロシアの時代から、それは変わらない。 プーチン独裁の体制でも、いわゆるオリガルヒ(新興財閥)が生き延びるためにはプーチンに絶対的な忠誠を誓う必要がある。しかしソ連崩壊後に石油の利権を握って大金持ちになったミハイル・ホドルコフスキーはプーチンに盾突いた。そして排除された。同じようなことが中央でも地方でも起きており、それを暴いてきたのがナワリヌイだ。 言うまでもないが、ロシアでは何度も革命が起きている。だが革命が成功する前には必ず、既存体制の権力基盤が崩れ始めていた。例えば日露戦争での敗北後に起きた1905年の革命。全く想定外の敗戦だったから、失望した民衆の抗議活動や武装蜂起が続発した。それらは全て暴力的に鎮圧されたが、皇帝の権威は傷ついた。 やむなく皇帝ニコライ2世は改革に踏み切り、憲法の制定や議会の創設に応じた。しかし2年後、1907年の反革命クーデターでニコライ2世は復権を果たし、新設の議会を形骸化させてしまう。 それが可能だったのは国家機関の内部に、あくまでも皇帝に忠誠を誓う部隊がいたからだ。具体的に言えば秘密警察と軍隊、そして身辺警護のコサック軽騎兵だ。 しかしこれらの部隊も、1917年のボルシェビキ革命では皇帝とその体制を守り切れず、帝国の命運も皇帝の命も絶たれた。3年来の世界大戦で、軍隊も国内経済もすっかり疲弊していたからだ。 思えば1825年にはデカブリストの乱があり、1881年には皇帝アレクサンドル2世の暗殺があった。そうした積み重ねで、1917年のロシア革命は成就したのだ。 エリツィンの巧妙さ そして旧ソ連から現代ロシアへの(それなりに平和的な)革命に当たっても、実は複数の要素が複雑に絡み合って反体制派を利していた。あのとき民衆を率いたのはボリス・エリツィンだが、彼もナワリヌイ同様に大衆の不満をうまく利用し、いわゆるポピュリスト(大衆迎合主義)の戦術で勝負した。 ===== 大衆はナワリヌイの活動を支持し、プーチンを批判するが NACHO CALONGE/GETTY IMAGES しかしエリツィンはナワリヌイとは違っていた。ナワリヌイは常に政治の「部外者」であり、それ故に大衆の信頼を勝ち得ているのだが、エリツィンは明らかに政界内部の人間だった。 スベルドルフスク(現エカテリンブルク)で建築現場の監督としてキャリアをスタートさせたエリツィンは、共産党に入党するや持ち前の政治手腕を駆使して順調に出世し、同じ改革派のミハイル・ゴルバチョフに気に入られ、最高機関である共産党政治局の委員に抜擢された。 その後、ゴルバチョフと対立して政治局を追放されたものの、わずか2年でソ連邦人民代議員大会のメンバーに選出された。そして議会の多数派を構成する民族主義者と民主派の支持を取り付けて最高会議幹部会の議長となり、ゴルバチョフの立場を徐々に弱体化させていった。 やがてエリツィンは、ソ連邦を構成する共和国の中核であるロシアの大統領に就任した。連邦を構成する多数の共和国を実質的に率いる立場だ。そして1991年8月の共産党による「反革命」クーデターを阻止し、一躍新生ロシアの「顔」となった。 あのとき、制度的には共産党側が軍隊を含む国家機関を掌握していた。だが軍隊は動かなかった。首都を守る軍隊がデモ隊の市民を蹴散らすことはなく、エリツィンを逮捕せよという命令に従うこともなかった。 機が熟すのはいつか 一方、共産党側も流血の事態は避けたかった。だから抵抗を諦め、クーデターは失敗に終わった。勝ち誇るエリツィンは2年後、当時と同じ軍隊を動かして自らに対する反乱をつぶしている。 こうしてロシアとその近隣諸国における革命の歴史を振り返ってみると、ナワリヌイの活動が政権転覆につながる見込みは薄い。 確かにプーチンの体制は腐敗しているが、その強権支配によって軍隊を含む国家機関を完璧に掌握している。彼の立場は、かつてのエリツィンよりもはるかに強い。プーチン与党の面々は政府の要職をほとんど独占して甘い汁を吸っている。民間企業も大小を問わず、プーチンのご機嫌さえ伺っていれば、面倒なことは避けられる。 もちろんロシアにも、避け難いプーチン引退の日に備えて政権移行の手続きを憲法に盛り込む動きはある。しかしそれは、プーチン後も今のエリート層が特権と利権を維持できるようにすることを目指している。 いや、ナワリヌイの運動が全く無意味だとは言うまい。今秋までには総選挙が予定されているが、彼の運動がプーチン与党の支持率をさらに引き下げるのは確実だ。プーチン時代しか知らない若いロシア人たちも、今とは違う社会を求めて動きだしている。今はまだ、それは「種」にすぎないが、やがて芽を吹き、大きな木に育つだろう。しかしそれには時間がかかる。 ===== 強力な軍隊・治安部隊と経済的な利権に守られたプーチン体制は打たれ強い。たとえ守勢に立っても、簡単には倒れない。民衆による大規模な抗議デモは今後も繰り返されるだろうが、デモ隊の多くはプーチンに忠実な警官隊や治安部隊に蹴散らされる。いざとなればプーチンの親衛隊も出てくるだろうし、最悪の場合には軍隊も出てきて、国民に銃を向けるだろう。 ウクライナやジョージアの軍と違って、ロシア軍は過去に何度も国民の反乱を鎮圧してきた。生粋の職業軍人の集団であればこそ、上からの命令には絶対に従う。 これが現実だ。体制内のしかるべき人物がプーチンを見限ってナワリヌイの運動に合流しない限り、民衆のデモだけで体制を転覆できるとは思えない。むろん、いずれ機は熟す。まいた種は芽を吹く。だが現時点で、その日が近いとは言えない。 From Foreign Policy Magazine <2021年2月9日号掲載> ===== 帰国直後に逮捕された野党指導者ナワリヌイの釈放を要求し、街頭に繰り出すロシアの人々 ABC News-YouTube