<マダガスカル島で、世界最小のカメレオンが見つかった。頭胴長わずか13.5ミリ。既知の爬虫類の中で最も小さい...... > アフリカ南東部沖のマダガスカル島で、世界最小のカメレオンが見つかった。このオスは、頭胴長わずか13.5ミリ、尾を含めた体長21.6ミリで、約1万1500種もの既知の爬虫類の中で最も小さい。 これまで世界最小とされていた「ミクロヒメカメレオン」よりも小さいことから、「ナノヒメカメレオン」と名付けられた。 オスよりもメスのほうが大きい 独ミュンヘン動物学収集博物館、ブラウンシュヴァイク工科大学らの研究チームは、マダガスカル島北部での調査でナノヒメカメレオンを発見し、2021年1月28日、オープンアクセスジャーナル「サイエンティフィック・リポーツ」で研究論文を発表した。 この研究チームは、2012年2月にも、「頭胴長16ミリ、体長29ミリの世界最小のカメレオン『ミクロヒメカメレオン』をマダガスカル島で発見した」との研究論文を発表している。 ナノヒメカメレオンは、オスよりもメスのほうが大きく、メスの頭胴長は19.2ミリ、体長は28.9ミリであった。小さく、褐色の体で枯れ木に同化しているため、研究チームは個体を発見するのに苦労したという。 ナノヒメカメレオンのメス Image courtesy of Frank Glaw オスの生殖器の長さは、頭胴長の18.5%だった ナノヒメカメレオンのオスには、ヘビやトカゲなどの有鱗目のオスに特有の「半陰茎」と呼ばれる生殖器がみられた。半陰茎は、左右に一対あり、通常は体内に収納され、交尾の際、いずれか一方が反転して体外に突出する。 ナノヒメカメレオンのオスの生殖器の長さは2.5ミリで、頭胴長の18.5%を占めている。体のサイズに比して生殖器が大きい理由については解明されていないが、研究論文の責任著者であるブラウンシュヴァイク工科大学のミゲル・ヴァンス教授は「ナノヒメカメレオンのオスは、より体が大きいメスとの交尾を成功させるために、大きな生殖器を必要としたのではないか」と考察している。