<ヘッジファンドの空売りに集団で買い向かい、損害を与えたネット掲示板レディットのフォーラムと彼らが使う証券会社ロビンフッドのDL数や利用者数は記録的な数にのぼっている> 米ネット証券ロビンフッドと掲示板型ウエブサイト「レディット」のモバイルアプリのダウンロード数が先週、急増した。レディット上でメッセージを交わし連携したアマチュア投資家が、ロビンフッドのアカウントを通じてヘッジファンドが空売りのターゲットとしていた企業に対して数にモノを言わせた資金で買い向かい、株式市場を大きく揺さぶったのだ。 レディット内の株取引フォーラム「ウォールストリートベッツ」に集う個人投資家の軍団(レディット・アーミー)は、アメリカのヘッジファンドを脅かし続けた。アプリ利用情報(アプリインテリジェンス)を提供するアップトピアが1月28日に発表した統計によれば、個人投資家対ヘッジファンドの標的となったいくつかの企業は、株価急騰という恩恵を受けた。 ビデオゲーム量販店ゲームストップの株価は、1月27日の終値は347.51ドルで、前日から134%上昇した。時代遅れのパッケージゲーム店だけに、マネーゲームの対象になる以前の、昨年12月下旬の株価はたったの18ドルほどだった。 アップトピアの分析によると、1月27日にはロビンフッドとレディットがどちらも1日あたりのアクティブユーザー数(DAU)とアプリのダウンロード数の記録を更新した。 ロビンフッドはその後、取引制限を行って投資家に批判されたが、そのアプリは米iOSアップストアのランキングのトップに立ち、1日に約12万回ダウンロードされ、これまでの最高記録を更新した。1日あたり利用者数も記録を更新し、約260万人に達した。 株取引アプリの人気急騰 Investing apps have entered the mainstream. #HelloMainStreet pic.twitter.com/Z7YFqYKwfm— Adam Blacker (@AdamBlacker25) January 28, 2021 デジタルメディア企業インフォメーションの記者ケイト・クラークによると、ロビンフッドのアプリの月間ダウンロード数は、昨年12月には120万だったが、今年1月は220万に達した。 レディットのアプリは1月27日に、米iOS アップストアのランキング2位になり、ダウンロード数は1日の記録としては最も多い19万9000件にのぼった。 この活気は他のアプリにも及んだ。株取引アプリ「ウィーブル」の1日あたりの利用者数は、過去最高の95万2,000人 に達し、オンライン証券会社TDアメリトレードのアプリも44万4000人を記録した。 アプリに関する分析プラットフォーム「アップアニー」によると、ロビンフッドは29日もiOS アップストアのランキング1位を維持し、ウィーブル、レディット、コインベースが後に続いた。グーグルプレイ・ストアでもロビンフッドがアメリカでは1位、そのあとにズーム、レディット、ウィーブルが続いた。 ロビンフッドは27日、「株価の乱高下」を理由に一部銘柄の取引制限を発表し、28日にグーグルプレイ・ストアに批判が殺到した。ユーザーはロビンフッドが市場を操作しようとしていると非難し、同社は制限を緩和することを約束した。 ===== だが、CNBCの報道によれば、ロビンフッドは29日にも、ビットコインなど暗号通貨の取引を制限した。テスラモーターズとスペースXのCEOイーロン・マスクがツイッターの自己紹介欄を「#bitcoin」に変更したことから、ビットコインの価格が突如として急騰したためだ。 「異例な市況情勢のため、資金を新たに入金して、投資を行うインスタント・デポジットによる暗号通貨の即時購入機能を一時的に停止した。それでも入金済みの資金で暗号通貨を購入することはできる。わが社は引き続き市況を監視する」と、ロビンフッドの広報担当者は語った。 マスクの行動によって火が付く前から、仮想通貨に対する興味は高まっていた。レディットの投資家集団は柴犬ロゴの仮想通貨ドージコインに一斉に買いを入れており、その価格は28日から29日にかけて暴騰していた。 レディット内の投資フォーラム「ウォールストリートベッツ」は引き続きアメリカ株式市場と、ゲームストップやノキア、ブラックベリーといった銘柄への投資の話題の中心になっており、今も大勢の新規加入者が参入を続けている。 統計調査会社スタティスタが提供した下のチャートは、ゲームストップ社の年初来の株価の動きを示している。2021年の初めは同社の株価はまだ50ドル未満だった。 ユーザーは今も増加中 1月25日の時点で、ウォールストリートベッツのユーザー数は約220万人だったが、29日には600万人に達し、なお増加中だ。レディットの投資家たちは、専用の無料ボイスチャットアプリ、ディスコードのサーバーでも活動している。 ブルームバーグによれば、レディットのスティーブ・ハフマンCEOは28日、ウォールストリートベッツを擁護し、完璧ではないが「コンテンツポリシーの範囲内で十分に機能している」と述べた。