<AIとのチャットを楽しんでいたら、突然AIが自分の銀行口座を言ってきたら......> 昨年、日本で個人情報の漏洩・紛失事件は103件に上り、2515万人以上の個人情報が流出したという。 最近では、埼玉県が25日の夕方から5時間にわたり「新型コロナウィルス感染者」191名の個人名簿を公開してしまうというとんでもない流出事例も発覚した。 一方で、ネットサービスが生活に行きわたっている韓国でも個人情報の保護が課題となっている。 1月27日、韓国個人情報保護委員会は、昨年深刻な個人情報流出事件を起こしたテスラ・コリア、ネイチャーリパブリック、SD バイオテクノロジーズ、シー・トリップ・コリアの各社に、個人情報保護法(情報通信網法違法第27-28条)違反として6270万ウォンを求め話題となった。 クルマのダッシュボードに携帯番号を貼り付ける韓国社会 もともと韓国は、日本に比べると個人情報保護の認識が甘い方だ。個人の携帯電話を会社の名刺になんの躊躇なく記載したり、路上駐車するときに車のフロントガラスに携帯番号を張り付けたりする韓国人も多い。個人情報であっても便利であれば表に出すという合理的な考え方だ。 しかし、ここ最近韓国でもネットや企業から個人情報が流出する事件が増え、問題意識が高まっているように感じる。 韓国でメッセンジャーサービスで95%以上のシェアを誇る超人気アプリといえば「KakaoTalk」だ。しかし、ここ最近このKakaoTalkがらみの深刻な個人情報流出事件が続いている。 もともとは、LINEのような無料のメッセンジャーサービスだが、他にも電子決済のKakao Payやタクシーの配車アプリKakao Tなど便利なさまざまなサービスを展開し、韓国人の生活と強く結びついているだけに深刻視されている。 今回、その数ある機能のうち約500万人以上の人が利用しているという地図情報サービスKakaoMapから個人情報が流出した。 KakaoMapは、文字通り地図機能のサービスだ。利用者がよく行く場所や自宅などをブックマーク保存しておくことができるのが特徴である。ところが、このブックマークした場所が全体公開になっており、誰でも他人の情報が閲覧できるようになっていた事実が発覚した。 お店やレストランはもちろん、自宅や友人、恋人、家族の住所がアパートの部屋番号まで記載され公開されていた。なかには軍部隊の住所と正確な位置までもが表示公開されていたという。 ユーザー・インターフェースの悪さが原因に KakaoMapはブックマークボタンのUIの悪さが個人情報ダダ漏れの原因に。MBN News / YouTube なぜこのような事態になってしまったのだろうか。KakaoMapでは、利用者がブックマークのボタンを押すと保存するフォルダーの名前を入力する手順になっているが、このときに情報を一般公開するかしないかを選ぶことができる。ところが、その選択ボタンが文字入力キーボード部分に隠れてしまううえ、基本設定では全体公開になっていたため、利用者は気づかないうちに自分のブックマーク情報をたれ流していたのだ。 非難の声が高まるとKakaoはすぐにKakaoMapの基本設定を非公開にした。ところが、これは新規でインストールしたアプリにだけ適用され、すでにインストールして利用している人は個別に手動で設定しなければならない状態だった。 先月15日、この対応について韓国個人情報保護委員会から指摘が入り、その後Kakaoは既存のKakaoMap利用者のアプリでもすべて非公開になるよう設定変更した。個人情報保護委員会は引き続きKakaoMapが個人情報などで法令違反がないかを確認するとして調査を進めている。 ===== そして同じく15日、Kakaoは別件の個人情報流出問題に巻き込まれていたことが報道された。 AI開発会社SCATTER LABが、昨年12月23日に発売した自動AIチャット「イルダ」は、20歳の女子大生という設定のAI「イルダ」との会話を楽しむサービスとして80万人以上の人が利用していたが、開始からわずか1週間でサービスを終了することが発表された。 実は、このAIチャットのイルダを開発する過程で、恋愛分析アプリ「恋愛の科学」利用者のKakaoTalkでの恋愛会話データが無断利用されていたことが発覚したのだ。 恋愛相談アプリなどで620万人のKakaoTalkを収集 SCATTER LABは約100億件の会話の中から1億件の会話を選りすぐってデータベースを作ったと公表されているが、会話データを開発に用いる際、自社の「恋愛の科学」アプリ利用者と、その会話の相手である恋人に個人情報の利用同意など一切せずに、データをイルダの資料として利用していた。 「恋愛の科学」は男女間のKakaoTalkのやり取りを入力すると、恋愛のアドバイスをしてくれるサービスアプリとして人気が高く、250万人が利用したと言われる。同社はこのほかのアプリも含め実に620万人のアプリ利用者が投稿したKakaoTalkのやり取りを無断でAIアプリ「イルダ」のビッグデータに流用していたという訳だ。 しかも匿名化や非識別化をきちんと行っていなかったため、イルダの会話のなかに資料にした人びとの個人名や住所、さらには銀行口座まで出てきた点が問題視されている。 SCATTER LAB関係者は、後にMBCラジオ「キム・ジョンべの視線集中」に出演した際、「個人情報収集と利用などに関して法律検討をしたが、法的に大きな問題にならないと聞いていた」と認識の甘さを語っている。 さらにSCATTER LABは、完全に匿名化してないデータをソフトウェア開発のプラットフォームサイトであるGitHabに共有した事実も確認されている。また、スタッフの中には、恋人たちの会話を冗談半分に無断で社内共有した疑いもあるという。 現在SCATTER LABには、韓国個人情報保護委員会と韓国インターネット振興院から調査が入っている。終了次第イルダのデータベース、そして人間の脳でいうと中枢神経にあたるディープラーニングモデルを破棄すると発表している。 被害者が集団訴訟を予定、裁判所に証拠保全求める しかし、それだけでは会話を利用された利用者たちの怒りは収まるはずはない。共同訴訟プラットフォーム「화난사람들(怒れる人々)」では、KakaoTalkの会話を無断利用された可能性のある被害者を募集し、集団訴訟の手続きを始めた。すでに約400人もの人が参加の意思を表明しているという。 被害者たちは、SCATTER LABが調査直後に全ての証拠を破棄してしまう可能性を考慮して、ソウル東部地裁に証拠保全申請書を提出した。まずは政府の調査結果を待ち、それに合わせて損害賠償請求訴訟をする予定であるという。 ネット社会になりどんどん便利な世の中になっていく一方で、気づかないうちに自分の情報が抜き取られている。まさか、恋人との愛のささやきが、AIの開発に無断で使用されているなんて誰も思っていなかっただろう。サービスを提供する企業側には個人情報の取り扱いに十分気を付けてほしいが、やはり利用する個人が意識を引き締めていかなければならないのかもしれない。 ===== マップのブックマークが晒される KakaoMapでは、ブックマークが基本設定では全体公開になっていたため、利用者は気づかないうちに個人情報をダダ漏れに。 한국경제TV뉴스 / YouTube 恋愛相談したらAIチャットボットが盗み聞き!? AIチャット「イルダ」の個人情報ダダ漏れを報じる現地メディア 한국경제TV뉴스 / YouTube