<自動車は今後「動くコンピューター」となっていく。アナリストに聞いた、EV関連の注目銘柄。米テスラの株価は高止まりだが、日本ではトヨタではなく......> (※1月5日発売の本誌「2021年に始める 投資超入門」特集より。編集部注:一部の情報は2020年12月末時点のものです) ちょうど1年前、ソニーが家電IT見本市のCESでお披露目したある製品が来場者の度肝を抜いた。得意のゲーム機でもスマホでもない。極秘で進められた「新規参入」の正体は電気自動車(EV)だった。 「これからの『移動』を考える」と銘打ち、ベールを脱いだコンセプトカー「VISION-S」。車内外の人や物体を認識して高度な運転支援を実現する33個のセンサーを備え自動運転にも対応、試乗も可能だった。(編集部注:VISION-Sの試作車両は2020年12月に完成、ヨーロッパで行動走行テストが開始された=記事3ページ目に動画) もっとも、ソニーが自ら自動車製造に乗り出すわけではない。EVは言わば「動くコンピューター」。バッテリーからモーターを駆動し、基本動作は人工知能(AI)を組み込んだソフトウエアで制御するという仕組みがベースとなる。 今後10年単位で脱ガソリン車へシフトしていく流れを見据え、EVを構成する要素技術を本格展開していくという強い意思を示すショーケースが「VISION-S」だった。 EVそのものの登場から数十年たつが、最初に本格的な製品を投入した米テスラの独壇場に近い状況が今なお続く。株価も高止まりだ。国ぐるみの支援を追い風に、中国企業のEV開発も急ピッチで進んでいる。 そんななか、EVそのものを扱うプレーヤーとして、日本企業の存在感は希薄だ。だが、その要素技術ということなら、ソニー以外にも注目の銘柄がごろごろしている。 「日本電産のモーターやパナソニックの電池、アンリツの通信機器など、EVの基幹技術を支える製品は世界的に評価を受けている」と、ニッセイ基礎研究所の井出真吾チーフ株式ストラテジストは言う。 JPモルガン証券の阪上亮太チーフ株式ストラテジストも、個々の技術を支える企業群に注目するが、一方で「日本の自動車メーカーの評価は全く上がっていない」とする。 マネックス証券の広木隆チーフ・ストラテジストも同じ考えだ。「これまでの自動車メーカーの技術は、エンジンやハンドリングといった『走るための性能』を磨くものだった。EV時代になると、それだけでは稼げなくなる」(広木氏) ===== ソニーがコンセプトカーを発表した同じCESで、トヨタ自動車はEVを軸にあらゆるモノやサービスがつながる街づくりの構想を明らかにしている。野心的かつ壮大な構想だったが、地に足の着いた「ビジョン」を凝縮したソニーとは対照的に、市場の反応は芳しくなかった。 製品としてのEV自体は、トヨタやホンダ、日産自動車など、日本企業も手掛けてはいる。しかし、その先のビジョンやロードマップなど、製品を通じた市場との対話がうまくいっていない。 そのあたりはテスラが数歩先を行っており、2020年にはトヨタを抜き、自動車メーカーで時価総額世界トップに立った。 米アップルがiPhoneで携帯電話という端末の概念を変えたような「ゲームチェンジ」の波を作る、あるいはその波に乗る企業を、市場は冷静に見定めている。 注目の日本株 ソニー(東証1部:6758) 1946年設立で、音響・映像を主軸とした総合電機メーカーとしてスタートしたが、現在はCMOSイメージセンサー、スマートフォンなどのハードウエア事業、映画・音楽などのコンテンツ事業、家庭用ゲーム機事業、さらには金融事業など多角経営を推進。 本誌2021年1月12日号28ページより 注目の米国株 テスラ(NASDAQ:TSLA) 2003年設立の電気自動車メーカー。ソーラーパネルや蓄電池の設計・製造・販売も手掛ける。2020年7月、時価総額でトヨタ自動車を超え、自動車業界のトップとなった。進撃を続ける会社の顔は、宇宙開発事業にも熱心な起業家、イーロン・マスクCEOだ。 本誌2021年1月12日号28ページより ※チャートは全て、上が株価(日本銘柄の単位は円、米国銘柄の単位はドル)、下が売買高(単位は株、Mは100万、Bは10億を表す)。チャート提供:TradingView <本誌2021年1月12日号「2021年に始める 投資超入門」特集より> ===== 今年1月に公開されたソニー「VISION-S」の行動走行テストの映像 Sony-YouTube