<光や音などの刺激に鋭く反応して動揺する、相手の気持ちを敏感に察知しすぎて苦しい。これは「敏感すぎる人=HSP」の特徴。日本でも急速に認知されつつあるHSPだが、その敏感さは障害ではなく、大切に育てるべき特性だという> 同僚がキーボードを叩く音が気になって仕方がない、暴力シーン満載の映画を見ると何日も眠れなくなる、友人の悲しみに共感し過ぎて涙が止まらない。 他のみんなは平気そうなのに、どうして自分だけ......。人知れず、そんな悩みを抱えている人はいないだろうか。 人混みや騒音、光、触感、匂いなどの刺激に鋭く反応して動揺を抑えられない、相手の気持ちを敏感に察知しすぎて苦しい、といった反応は、実は異常でもなければ、レアケースでもない。 心理学者のエレイン・アーロンによれば、これは「敏感すぎる人=Highly Sensitive Person、略してHSP」の典型的な特徴。性格や「気の持ちよう」とは別次元の先天的な特性で、男女ともにおよそ5人に1人がHSPに該当するという。 アーロンが1996年にHSPの特徴をまとめた著書を出版すると、「まさに自分のこと!」「長年の悩みの原因が分かった」などという反響が相次いだ。 心理学者でライターとしても活躍するデボラ・ワードも、HSPという概念に出合って救われた1人。 カナダで育ち、現在はイギリスを拠点とする彼女は、幼い頃から敏感すぎる自分に劣等感を抱いてきたが、HSPについて学び、その特性を前向きにとらえられるようになったおかげで、徐々に自尊心を取り戻し、仕事も人間関係も好転したという。 そんな彼女が、HSP当事者としての体験を織り交ぜながら、最先端の研究成果を分かりやすく解説した新著『敏感すぎるあなたが生きやすくなるヒント』(井口景子・訳、CCCメディアハウス)が出版された。 11章からなるこの本には、HSPを理解するための基礎知識と共に、その特性とうまく付き合い、強みに変えるための処方箋がふんだんに盛り込まれている。 最善の方法は、泣いて、話をして、さらに泣くこと ワードによれば、HSPが刺激に敏感に反応するのは、「周囲の環境から常に情報を吸い上げ、さらに他人の緊張や感情まで敏感に感じ取る」力が人一倍強いから。 おかげで、思いやりや共感力が高く、創造性に恵まれているといった特徴があるが、「強い刺激を浴びすぎると、濡れたスポンジがそれ以上水を吸い込めないように『いっぱいいっぱい』な気分」になり、疲れ切ってしまう。 しかも困ったことに、こうした心の動きは外からは見えにくく、HSP本人も不安や動揺を他人に悟られないように振る舞いがち。 その結果、周囲の人から「細かいことを気にしすぎ」「いちいち大げさに反応しないで」などといった否定的な言葉を浴びせられ、自己肯定感が損なわれていくケースが非常に多い。 ワード自身も子供時代から、自身の敏感さを押し殺して友達と同じように振る舞おうとしては失敗し、さらに落ち込むという経験を繰り返し、「自分はダメな人間だ」という思いを募らせていったという。 ===== AntonioGuillem-iStock. だが、HSPの敏感さは本来、「決して克服すべき障害ではなく、大切に育てるべき特性であり、強さの源」だと、ワードは説く。 実際、自身の敏感さを「弱さ」ではなく「強さ」だと受け止め、HSPならではの豊かな感受性やクリエイティブな才能を発揮して活躍している人も大勢いる。 そのためには、どうすればいいのか。ワードは著書の中で、自己嫌悪の悪循環を断ち切って前向きな一歩を踏み出すために必要な心構えや行動について、段階を踏んで具体的なアドバイスをしている。 例えば、「強い刺激を浴びると激しく動揺する」という特徴とうまくつきあうための心構えとして、ワードは「自分を大切にする」「泣いてもいい」といった項目別にアドバイスを贈る。 HSPはさまざまな感覚的・感情的刺激を経験しますから、それによって得たエネルギーを解き放つ必要があります。「泣く」という行為については、女性のほうが文化的に許容されやすいようですが、男性も女性と同じく、感情を表現する自由を自分に認めてあげて下さい。 私は人前で泣くのは好きではありませんが、自宅に帰って涙とともにすべてを吐き出すと、気分がすっきりします。感情をため込んで、強い人間であろうとするのはやめましょう。感情を無視しても、その思いが消え去ることはなく、むしろ時間とともに積み重なっていきます。 にぎやかな店での買い物であれ、離婚であれ、職場での嫌な一日であれ、ストレスだらけの出来事を乗り切る最善の方法は、泣いて、話をして、書き出して、涙が出なくなるまでさらに泣くこと。気持ちを吐き出すには、この方法しかありません。(45ページ) その上でワードは、「休憩時間を確保する」「計画を立てる」「健康的な食習慣」「一人の時間を持つ」「買い物はオンラインで」といった具体策も提示する。 愛する人を助けるために、助言はしてはいけない 一方、自尊心の低下という難問については、「思考パターンを変える」工夫を提案している。 人間の行動や決断、人生の選択はしばしば、無意識の信念に左右されます。あなたの現状を人のせいにするのはやめましょう。そして、頭の中に響く否定的な言葉を信じないこと。自分を肯定できるようになれば、人生は明るい方向に向かいます。(中略) 私は、自分を抑え込もうとする思考に意識的に注目し、思考パターンを変えようと意識的に努力しました。その際に役立つのが、頭に浮かんだことに疑問を投げかける方法。例えば、「私はバカだ」「絶対にうまくいかない」という言葉が思い浮かんだら、「それが本当か」と問いかけます。そうした言葉はおそらく、以前に誰かに言われたものであり、あなたの本質ではありません。「私は本当にバカなの?」「本当にうまくいく見込みはない?」と自問し、反証を探しましょう。必ず見つかるはずです。(118ページ) ===== 他にもこの本には、HSPの性質を生かしたキャリア構築術からパートナーの選び方、クリエイティブな職業に就く際の留意点までヒントが満載で、自身の敏感さに悩んできた人々にとって心強い後押しになりそうだ。 ただし、HSPが自分らしく生きるためには、もう1つ欠かせない条件がある。それは周囲の人からの理解。 家族や友人、同僚など身近な誰かが自分と異なる敏感さを抱えていると、私たちはつい、あれこれ助言(という名の批判)をしたくなるものだが、ワードは次のように指摘する。 愛する誰かを助けるために何かしてあげたいという思いは自然な本能ですが、最も愛に満ちた行為とは、相手を理解し、ありのままの姿を受け入れてあげることではないでしょうか。(16ページ) 日本でも最近、HSPという言葉が急速に認知されつつあり、身近な人がHSPかも、と思い当たる人もいるかもしれない。 でも、安易に分かったつもりになるのは禁物。『敏感すぎるあなたが生きやすくなるヒント』は、大切な人の特性を正しく理解してサポートしたいと願っている人にとっても有益な1冊となるはずだ。 『敏感すぎるあなたが生きやすくなるヒント』 デボラ・ワード 著 井口景子 訳 CCCメディアハウス (※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)