<「リスペクト」「ベネフィット」「リスク」......。対訳があるにもかかわらず外来語が氾濫しているのは、何らかのコンプレックスが潜んでいるから> 明治初頭(1870年代)、日本語は貧弱で不確実だからとの理由で初代文部大臣・森有礼は「英語公用語化論」を主張した。 終戦の翌年1946年には、いっそ世界で「一番美しい言語」であるフランス語に取り替えてはどうかと、「小説の神様」こと志賀直哉が言っている(ただし、志賀自身はフランス語ができなかった)。 森や志賀の主張はともかく、日本語に外来語(カタカナ語)が非常に多いのは確かである。わたしたちは母語を外国語と取り換えることが平気どころか、好んでそうしているのだ。 たとえば、「尊重」や「尊敬」というれっきとした日本語があるにもかかわらず、「リスペクト」という言葉を最近よく目にする。また、先日薬局で渡された説明書には、「薬には効果(ベネフィット)がありますが、副作用(リスク)もあります」と書かれていた。ここまできたかと思ってしまった。 ドイツ人も英語好き、「和製英語」的な言葉もある しかし、外国語好きなのは日本人だけではない。実はドイツ人もこの点は非常によく似ている。 ヨーロッパでドイツほど英語由来の言葉が使われている国はない。これは「デングリッシュDenglisch(Deutsch+Englishドイツ語+英語の意)」と呼ばれており、「しゃれている」とか「知的に見える」などの理由で、文法上は必ずしも正しくなくとも使用されているのは、和製英語と同じだ(ちなみにドイツでも日本と同じく「ハッピーエンド(Happy End)」が使用されている。英語ではhappy ending)。 外国語をやたらと取り入れたがる気持ちの底には、何らかのコンプレックスが潜んでいることが多い。「いいもの」や「本物」は自分のところ以外のどこか他にある――その思いがつきまとって離れない。つまり、「よそが気になる」のである。 フランス語好きだったフリードリヒ大王 思えば、わが国は朝鮮半島、中国に始まり、明治以降はヨーロッパ、そして戦後はアメリカと、外国を規範として崇めてきた。 一方、数世紀にわたって数多くの小国に分裂し、文化の中心となる首都のなかったドイツも諸外国に後れを取っているという自覚があり、文化後進国としての焦りやコンプレックスがあったことは間違いない。なかでもパリで華麗な宮廷文化が花開いたフランスに憧れる気持ちが強かった。 ===== 「啓蒙専制君主」で知られるプロイセンのフリードリヒ大王(フリードリヒ2世)がフランス文化を愛し、ドイツ語を「馬丁の言葉」といって蔑み、フランス語を話していたのは有名な話だ。 晩年には、小論「ドイツ文学について」をフランス語で書き、その中でドイツ語の響きを少しでも柔らかくしようと、それぞれの動詞に母音を加えることまで提案したという。 フランスに対する思慕はその後も脈々とドイツ人に受け継がれているのではないかと思ったことがある。 ドイツ留学時代、学生寮で一緒だった、フランスと国境を接するバーデン=ヴュルテンベルク州出身の女子学生が、地元では「ダンケシェーン(ドイツ語の「ありがとう」)」とは言わず、「メルシィ(フランス語の「ありがとう」)」と言うのだと自慢げに言っていたのだ。 ドイツ人の「ドイツ語コンプレックス」 しかし、これがドイツ人のフランスへの憧れだけではなく、母語に対するコンプレックスからも来ていると気づいたのは、その後しばらく経ってからだった。「ドイツ語は発音もきれいじゃないし、単語も長くて不細工だ」と言って嘆くドイツ人に何人も出会ったのだ。 実際、ドイツ人は外国語をやたらとしゃべりたがる。国際機関で働くアメリカ人の知人も「ドイツ人しかいない場所でもドイツ人同士で英語でしゃべっている」と言って驚いていた。 確かに、こちらがドイツ語で話しかけても英語で返してくるドイツ人が多いことは前から気になっていたが、要するに英語(外国語)を話すことが好きなのだ。 「よそが気になる」ことにはメリットもある 1998年にJリーグからペルージャに移籍したときの中田英寿選手のイタリアでの記者会見は忘れられない。大勢のマスコミが押しかけて、いきなりイタリア語で質問を浴びせかけていた。 「おれ、わかんないよ、イタリア語」と当惑する中田選手をテレビで見ながら、ドイツ人なら英語で話しかけるだろうと思った。 だが、イタリアの人たちは外国人だろうと誰だろうとまったく気にしない。イタリア語でいいじゃん、だってここ、イタリアだよ。そこには自国に対する無邪気なまでの愛着と自信が感じられた。 ===== しかし、「よそが気になる」ことはデメリットばかりではない。日本とドイツが戦後奇跡的な復興を遂げたのも、トップランナーたちに「追いつけ、追い越せ」と負けじと頑張る、「よそが気になる」国民性が大いに寄与しているだろう。 今やヨーロッパで独り勝ちのドイツは、もう「よそが気になる」必要はないはずだが、国民性というのはめったなことでは変わるものではない。それはわたしたち日本人のことを考えてもよくわかるのではないだろうか。 もはやアジアで独り勝ちとは言えなくなっている日本における「海外では~」の「出羽守」論は言うまでもないが、一見逆に見える昨今の「日本すごい!」論も、やはり「よそが気になる」ことから生まれているのだろう。 目にあまるほどに日本語に外来語(カタカナ語)が増え続けている理由が、コンプレックスではなく、真に「いいもの」や「本物」なら進んで取り入れようという心意気であるならいいのだが......。 [筆者] 平野卿子 翻訳家。お茶の水女子大学卒業後、ドイツ・テュービンゲン大学留学。訳書に『敏感すぎるあなたへ――緊張、不安、パニックは自分で断ち切れる』、『落ち込みやすいあなたへ――「うつ」も「燃え尽き症候群」も自分で断ち切れる』(ともにCCCメディアハウス)、『ネオナチの少女』(筑摩書房)、『キャプテン・ブルーベアの13と1/2の人生』(河出書房新社、2006年レッシング・ドイツ連邦共和国翻訳賞受賞)など多数。著書に『肌断食――スキンケア、やめました』(河出書房新社)がある。